塗りつぶされた答案の文字

謙です。武史くんの答案の裏に塗りつぶされた箇所が……。

塗りつぶされた答案の文字

テストの採点をしていて、武史くんの答案で手が止まった。

答案の一部が裏から押し出されるように膨らんでいる。裏返すと右下の一部が黒く塗りつぶされていた。強く塗りつぶしたせいで、表が膨らんだらしい。

武史くんは勉強も運動もダメ。クラスでからかわれることが多いのだが、いつもニコニコしている。

あまりにからかわれるから「イジメなんじゃないか?」と職員会議でも話題になったことがある。

担任として意見を求められ「分からない」と答えた。

答案用紙を持つ手が少し震えた。嫌な予感がした。持ち上げて蛍光灯に照らしてみる。

——死にたい。

塗りつぶされた中にうっすらと文字が見えた。やっぱり、と思ってしまう自分がいる。本当は自分も気付いていたのかもしれない。

どうすべきか、職員室でひとりきりになるまで考えて、武史くんが塗りつぶした上から、赤鉛筆でさらに塗りつぶした。透かしても見えないくらいにしっかりと。

こんな言葉を武史くんが使わなくて済むように、いつまでも塗りつぶし続けた。


あとがき

最近、カウチサーフィン経由でアメリカ人の男性がうちに泊まりたいというリクエストを受けたんです。

宿がなくて困っていると言うし、自分も旅先で人に助けられることが多かったから、ペイフォワード的精神で了承しました。

ところが、宿泊が決まった途端、連絡が途絶える。前日になっても連絡がない。こちらから連絡しても音沙汰なし。

これを書いている今日、まさに彼がうちに来るはずの日なんですが、現れない。もうすぐ17時。

来るのか来ないのか分からず、家を空けることもできない。

まぁ、来ればにこやかに対応しますけど、正直首を傾げてしまうわけです。

人の家に泊めてもらうわけで、せめて着時間の目安とか、「明日行くからよろしくね」的な挨拶とか、あるもんじゃなかろうか? と。

いや、向こうは慣れない日本にいるわけで、その着時間が大きくずれちゃっても仕方ないと思うんです。こちらとしては心配しちゃうわけです。なにかあったのか? トラブル? 迷子? ってな具合に。

自分が旅していたときは必ずメールでアップデートしたり、前日に挨拶したりする。しばらくネットがないことが分かっていれば、「これからしばらくメールができない」と伝えておく。

そういうことができる大人になりたい、と言うグチでした。


《募集1》あなたの言葉を小説にします!

この「原稿用紙1枚の物語」はお題を決めて書いています。
そこで、読者のみなさまから『お題』を募集しています。
コメントからリクエストお願いします。

《募集2》コラボ希望者を募集します!

ジャンル不問で、コラボしたいクリエイターを募集します。
お題を決めて、お互いに作品を作るも良し、一緒にひとつの作品を作るも良し、何をやるかは相談しましょう。
たとえば同じお題で、私は小説を、ギタリストが8小節の曲を作る。
そんなことができたらいいな、と考えています。

お願い!

こうして書く活動で生きています。
こちらのマガジンをフォローすると、こういう短編の物語が毎日届きます。

《原稿用紙1枚の物語》

日刊ケネミックFacebookページTwitternoteMedium

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

ケン

原稿用紙1枚の物語

毎日 note を開くのが楽しみになるような、すごく小さな物語をお届けします!

コメント1件

さきほど、朗読させていただきました。
https://note.mu/yutakahattori/n/n889b1f2f44dd
ぼくも似たような塗りつぶしをしたことがあるので、スッと入り込めました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。