世界旅小説(イタリア)4:53で止まったままのヴェネツィアの時計

今度の舞台はイタリアのヴェネツィア。

※有料記事です

今回は小説の内容を説明するのをやめて、冒頭の1段落だけチラ見せ。

ぼくは旅行に行く時、4:53を指したまま動かないこの腕時計をしていく。旅行に行ってまで時間に追われるのは嫌だったから、止まったままの時計のほうがいいんだ。――と、人には話しているが、本当の理由は別にある。この時計には ”見えないもの” を見せてくれるヒントがある。時計の針は時間ではなく、ヴェネツィアのあの部屋を指している。

主人公の男は4時53分を指したまま動かない腕時計をして旅行をする。その時計はどこで、どうやって手に入れたのか? なぜその時計をして旅行をするのか? そういうお話です。

作品のあとに編集後記もあります、そちらもどうぞ。

では、まずは本編を。

この続きをみるには

この続き:3,760文字

世界旅小説(イタリア)4:53で止まったままのヴェネツィアの時計

ケン

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

ケン

世界旅小説

2年4ヶ月に渡り、世界を旅しました。旅をしながら感じたことを短い小説に書いてきたので、ここで公開します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。