「Music FM」という悲しいアプリ、自分が好きなものを衰退させているのは自分かもしれないって話

こんにちは。西村謙大(@harry_kenta)です。
私は音楽プレイリストをシェアできるサービス「DIGLE(ディグル)」を運営しています。

今回は「Music FM」についてお話させていただきます。
※あくまで私個人の見解ですのでご了承ください。

note概要
・Music FMという違法アプリ
・世の中の"無料"とはなんだろうか?
・未来の音楽のために
・最後に

「Music FM」は10代〜20代前半の間で一番使われてる"音楽アプリ"じゃないかなと思います。利便性や音質は悪いものの、有名楽曲の音源が豊富で、無料で使えるところが受け入れられているのではないかと思います。ですが、「Music FM」と検索すれば色々な記事が出てきて、「使わない方が良い」と書かれている記事も多数拝見します。


Music FMという違法アプリ

はじめに私は「Music FM」のことをよく知らないです。
表面的なことはわかりますが、実際音源をどのように集めているとか、誰が運営しているとか、実際よく知らないです。

App Storeを開くといつも無料アプリランキング上位にいて悲しくなります。

スクショ元:Top Free iPhone Apps 400

「Music FM」では発売されてすぐの新曲ですら無料で聴けるみたいです。

そんな良いアプリ他にありますでしょうか?

「Music FM」を使っている人にも音楽が好きな人がたくさんいるはずです。もちろん音楽が聴きたい訳で「Music FM」を使うのですからね。

"でもその好きな音楽を苛めているのが自分達かもしれない"というのを理解した方が良いと思います。

なぜならこのアプリは違法だからです。

じゃあ何がいけないのか?

アーティスト/レーベルに対して利益が全く還元されていません。

「Music FM」はじめ違法アプリを使う前に、一旦立ち止まって少し考えてみるのが大事かもしれません。


世の中の"無料"とはなんだろうか?

無料で楽しめるものはいっぱい溢れているし、私自身もよく使っています。

合法な無料アプリもたくさんあります。
LINE、Twitter、Instagramだったり。。。(アプリ内課金があったりもしますが)

なぜ無料で使える?

それは広告主だったり誰かがお金を負担してくれているからです。

音楽アプリでいうと、「Spotify」には無料プランがあります。
無料プランには広告主がいるので、無料で聴いてもアーティスト/レーベルにちゃんと還元されます。


未来の音楽のために

音楽を作るのにはお金がかかります。
アーティスト/レーベルにちゃんと還元されていなければ、新しい音楽は作れません。その人たちは生活ができません。

これからもずっと良い音楽を聴きたいなら違法は辞めて合法の音楽アプリを使う方が良いと思います。

実は中国では消費者の96%が合法で音楽を楽しんでいて、89%がストリーミングで聴いています。
データ元:MUSIC CONSUMER INSIGHT REPORT 2018(IFPI)

これを見て恥ずかしいと思わないでしょうか?

一人でも多くの人が何かを感じていただけますと幸いです。


最後に
サブスク解禁していないアーティスト様へ

日本では違法アプリが消えては生まれを繰り返しています。違法アプリが早くなくなって欲しいですが、現状なかなかなくなりません。
サブスク解禁していないアーティスト様の楽曲も違法アプリでたくさん再生されています。サブスクにないから違法アプリで聴くとの声も聞いたことがあります。残念な話です。
アーティストの方々がサブスクを解禁しないのには、様々な意図があるかと思います。他の音源収益に影響が出るとの懸念があるかもしれません。
ですが、違法アプリで結局聴かれているのなら、サブスクを解禁して少なくともサブスクで聴いてもらう環境を作った方が良いのではないかと私は考えております。
少しでもご検討いただけますと幸いです。

私は音楽が大好きです。だから音楽の仕事をしています。

日本にはたくさんの素晴らしいアーティストがいます。その人たちが一人でも多く音楽を作って活動していけるように、日本から「Music FM」含む違法アプリがなくなって欲しいと強く思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

170

Kenta Nishimura

#音楽 記事まとめ

楽曲のレビューやおすすめのミュージシャン、音楽業界の考察など、音楽にまつわる記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。