ポプリ「ポプリとふわふわ物語」のリリースに寄せて

philia recordsとFLY HIGH RECORDS
初めての連名企画、ポプリ1stアルバム
「ポプリとふわふわ物語」が4/24に
リリースされます!

発売によせて、下記の文章をプロモーション
資料に掲載しました。少しだけ加筆をして、
ここnoteにもアップしたいと思います。

ポプリの1stアルバム
「ポプリとふわふわ物語」のリリースに寄せて

ポプリのメンバー、
ササキアツシさんと初めてお会いしたのは
2006年9月30日の日曜日。
philia records初のコンピレーションCD
「Easy Living Vol.1」のレコ発ライブに、
彼がお客さんとして来てくれてご挨拶
したのがはじまりです。
当時彼は、melting holidaysという
ユニットで活動していて、私の周りで
ちょっとした話題になっていました。
実際に音を聴いてみて本当に感銘を
受けましたし、いつかどこかでお会い
したいなとぼんやり考えていたので、
その日イベントに足を運んでいただき、
さらにはササキさんがphilia recordsの
コンピを大変高く評価してくれたこと、
当時の出来事は今でも忘れられない
甘酸っぱい思い出です。

それ以降、philiaとwaikiki recordsで
開催していた、渋谷のカフェでのDJ
イベントに出演してもらったり、
「my charm」というコンピに共に
収録されたりと、付かず離れずな距離感の
お付き合いが続いていました。

2010年代に入りレーベル自体が
開店休業状態。
ササキさんと接する機会もすっかり
減ってしまったのですが、2016年2月、
ササキさんの新しいユニット「ポプリ」の
メンバーとして再会することになります。
レーベル復活のきっかけとなった、
小林しのさんのアルバムリリースに
合わせて、「Gutar Pop Restaurant」の
なかむらかずみ氏がしのさんレコ発
ライブを企画。そのイベントにポプリを
呼んでくれたのです。その日ポプリは
初ライブ。初々しくキャッチーなステージに
すっかり魅了されてしまいました。
その後、philiaのイベントに度々出演
していただき、今回のリリースに繋がります。

ポプリの魅力は何と言っても、れいなさん、
ササキさんがそれぞれ作詞作曲編曲、また
イラストやデザインも各々手がけると言う、
なんとも多才な2人の才能の融合と言った
ところでしょうか。

音は大胆かつ緻密、渋谷系への憧憬、
まるでメリー・ポピンズのような普遍的な
世界観を感じることができます。そして
根底には、2人の優しくて繊細な感性が
作品に溢れ出ているのです。どうぞワクワク、
ドキドキしながら聴いてください。

最後に、共同リリースと言う素晴らしい
機会を与えてくれた土橋一夫さんに
この場を借りて感謝申し上げます。

philia records
近藤健太郎

写真は2017年「11月のフィリアパーティ」に
出演いただいた時のものです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

レーベル活動日誌

philia recordsというPOPS系インディーズレーベルの運営日誌、宣伝、、のようなもの。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。