【必痩】痩せたいデブはロジカルに痩せろ

こんにちは!GENTRICHの鹿谷(@Kentoshikatani)です。

世の中には2種類のデブがいます。
1つは「痩せたいと思っていないデブ」、もう1つは「痩せたいけど痩せないデブ」この2種類です。
特に男性で多いのは前者です。そろそろ痩せようかなあなんて言うものの、心の底から危機感があるわけではないので(むしろこれくらいのお腹の方がモテるよくらいに思ってる)、基本的に痩せることはありません。
あ、ちなみに私自身デブを否定するつもりは全くありませんし、もちろん下に見ていることもありません。そこは髪型と同じように好みの話なので。
厄介なのは後者ですね。痩せたいけど痩せない、これは究極に意思が弱い。こんにゃくレベルの奴です。ただ、彼ら彼女らは正しい方法ときっかけさえあればあっという間に変わります、それも劇的に。

仕組みを理解しよう

今日は、理論上絶対に痩せられる方法を書きたいと思います。
よくダイエットの相談を受けますが、その中で耳にすることがいくつかあって

・◯◯は食べてもいいの?
・ビールはいいの?
・どれくらいの頻度でジムに通えばいいの?
・どんなトレーニングをすれば痩せられるの?
・筋肉痛の時はやらない方がいいの?

本当にめちゃくちゃ聞かれますこれ。
結論から言うと、細かいこと気にする前に、人間が太る仕組みと痩せる仕組みを理解すればいいだけの話です。
勉強ができる人も仕事ができる人も、共通しているのは物事の本質を理解しているということだと思います。ダイエットも同じで、まずは仕組みを理解するところから始めることが、何よりの近道だと言えますね。少しでも興味がある方はぜひ読み進めてください。これを理解できたらもう半分痩せたようなものですよ、あとはやるかやらないかだけなので。

1、まずは目的(目標)を決めろ

フィットネス、ダイエット、ボディメイクなどと色んな言葉がありますが、身体を変えたいと考えるなら、まずは目的を明確に決めましょう。
何でもそうですが、ゴール設定は必須です。目的が曖昧なままでスタートすると、これまで同様に誘惑に負けることが目に見えています。何でもいいです、何キロまで痩せる、◯◯みたいな身体になるなど。そこが決まれば、あとは必ず達成すると心に決める。ただそれだけのことです。

2、基礎代謝とカロリーを知り、仕組みを理解しろ

まず、体重(脂肪)を落とすなら、

1日の総消費カロリー>1日の総摂取カロリー

この状態にすればいいだけです。1日の総消費カロリーというのは、基礎代謝+運動による消費によって成り立ちます。
基礎代謝とは、1日何もせずにベッドで横になっていても消費していくカロリーで、それプラス運動した分(通勤の徒歩なども)のカロリーを合わせて、その日飲み食いしたカロリーを上回ればいい話です。手順は、自分の基礎代謝と大体の生活パターンから1日の消費カロリーを算出したらあとは飲み食いするもののカロリーを足していくだけ(自分の基礎代謝の調べ方はググってください)。これすら面倒な人は、残念ですが諦めてください。

そして、脂肪を1kg落とすのに必要な消費カロリーは、7,200kcalです。
つまり、5kgの脂肪を落としたい場合は、5kg×7,200kcal=36,000kcal、この分をマイナスにすればいいんです。1ヶ月かけて5kg落としたいのなら、36,000kcal÷30日=1,200kcal/1日、1日あたりで摂取カロリーよりも1,200kcal多く消費すればいいということになりますね。ただ、あまり無理のない範囲で継続していくのであれば1ヶ月あたり3kg減くらいのペースの方が理想かなと個人的には思います。ダイエットは計画的に。

このように、数値を元に型を決めて、あとはその型にハマる運動と食事のメニューを決めてしまえばそれに沿ってこなすだけなので、難しいことは何もありません。

補足すると、基礎代謝というのは筋肉量が多い方が高くなります。
なので、筋肉をたくさんつけるということは、太りにくく痩せやすい身体を作るということに繋がるわけです。美味しいものをたくさん食べたい、制限したくない!という方は、筋肉を増やしましょう。極端ですが、そうすればラーメンばっかり食べててもそんな簡単には太らない身体になりますよ。

今度は、1ヶ月で3kg落とす場合の運動と食事メニューの考え方について書こうと思います。ポイントは「いかに糖質を味方につけられるか」です。

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。