すべての始まり〜ダイエット編〜

こんにちは!GENTRICHの鹿谷(@Kentoshikatani)です。

私がフィットネスにハマるきっかけとなった、ダイエットの話をするのですが、正直、記憶が曖昧な部分もありますので、覚えている範囲で具体的に書いていきたいと思います。

2015年6月1日〜ダイエットをすると決意

私は元々痩せ型で、27歳くらいまでは本当にガリガリで、胸板なんてゼロだったんですよね。スポーツはというと、足は速かったし(小学校の時100Mで全道4位)、小中とサッカーをまあまあガチでやっていたので運動はしていたものの、いわゆるウエイトトレーニングと呼ばれるような筋トレは全くしてませんでした。本当に全くです。
その後、27歳あたりからですね、毎日のように朝まで緑茶ハイを浴びるように飲み、帰りにコンビニで買い食いをしてそのまま寝る、というまさに典型的なダメな生活をしてました。その結果がふざけた面とだらしないボディが出来上がりました。

これは2014年の夏なので、ダイエット直前である2015年5月くらいはもっと太ってましたね。
ここからダイエットをスタートしました。
方法は以下の2つです。

・スーパー糖質制限
・毎日の有酸素+ちょっと筋トレ

この方法を選んだ理由は、いろいろ調べた結果、とりあえず食事が大事っぽいということと、脂肪燃焼には有酸素運動らしい、というレベルの知識で考えたというだけです。
その代わり、やると決めたからには徹底的にやりました。やったことは以下の3つ。

・毎朝6時に起きて、30分外を走る(雨天決行)
・いわゆる「糖質」を含むものを全てカットする(今なら勧めませんw)
・アルコールを完全に断つ(宣言してノリの悪いやつになる)

まず有酸素については、シンプルです。
雨が降っていようが、6時には起きて着替えてとりあえず外に出る、ただそれだけのことです。起きれないという言い訳を作らないために前日飲みにいくのをやめればいいだけです。これから50年近く生きていく上で、たったの1,2ヶ月飲みにいかないくらいで人間関係が崩れることはありません。
私の場合は、1日も休みは設けませんでしたが、厳密にはそこまで必要ないかもですね。

次に食事。当時は知識も全然なかったので、とりあえず同じく糖質制限を推奨していたライザップのブログとかを読んで、食べて良いものダメなものなどを覚えて、口にするものは全て成分表記を見て計算していました。
そうなると、いちいちメニューを変えたりするのも面倒になってくるので自然と同じものばかり食べることになるのですが、私の場合はそれが楽でした。食事を楽しむという概念は皆無でしたね。よく食べていたものは下記です。

よく食べていたもの
・湯豆腐(基本夜はこれを4丁くらい食べてたw)
・サラダチキン(定番中の定番の添加物たっぷりサラダチキン)
・ゆで卵(もちろん、白身オンリー)
・ブロッコリー(茹でてポン酢かけて食べるだけ)
・ささみ、鶏胸肉(ただ焼くだけで、味付けは塩胡椒や一味など)

途中で気づいたNGなもの
・ニンジン、大根などの根菜類(サラダによく入ってたので除けてました)
・トマト、フルーツなど

今私がダイエットの相談をされたらこの食事は勧めませんが、あれこれ考えるのが面倒な人はやってみたらいいと思います。絶対に痩せますので。
ただ、筋肉も一緒に落ちますので、無駄につきまくった脂肪を落としたい方だけにしたほうがいいと思います。

アルコールについては、ハイボールはいいの?蒸留酒はいいの?など聞かれますが、めんどくさいから飲まなければいいのでは?と私は思います。
人生はトレードオフなので、痩せたいなら多少の犠牲は仕方ないでしょうと当時も思ってました。今はもっと健康的に、無理なく続けられる方法としてのフィットネスを広め、ダイエットなんていう言葉が使われなくなる世の中にしたいと思っています。

上記の3つを徹底して実行した結果、約45日間でこの体になりました。

ドヤ顔が半端なくうざいですよね。
でも考えてください、上記のような食事と運動を毎日毎日、本当に1日も休むことなく続け、日々のちょっとずつの努力を蓄積して、気づいたら体がこんなに変わった!てなったら、自己肯定感が漲ってきて、こんな顔で自撮りだってしますよ、きっとあなたも。

私の場合、ここから筋トレだけを継続して、有酸素はやめて食事もほぼ普通の食事に戻しましたが、筋トレを続けていたせいか以前のようになることはありませんでした。もちろんお酒も復活してました。

サマースタイルアワードに出るぞ!

ダイエットに成功した年末くらいに、翌年6月に開催されるサマースタイルアワードに出場しようと決意し、2015年12月末くらいからジムに入会して本格的にトレーニングを始めました。

もうグローブつけてるあたり、形から入るタイプ感が出ちゃってますね。
当時は、Youtubeで筋トレ動画を見て勉強したりしてましたが、今思えば基礎が全然できてないし、ダメダメでしたね。そういう理由で、私は最初ほどパーソナルトレーニングを勧めます。覚えたらあとは自分でやればいい。

絞り具合に違いがあるので一概に比較しにくいですが、2016年〜2018年までの体の変化(これはダイエットではなくボディメイクという観点で)

2016年8月

2017年8月(大会後のため絞れている)

2018年8月

2018年8月、やっぱり肩周りのアウトラインが特に変わったなーと我ながら思います。ちょっとずつですが成長するもんですよ、やっていれば。
「努力は必ず報われる」という言葉には前後に続きがあると思ってて、正しくは、「正しい努力は必ず報われる、続けていれば」だと思ってます。そして今年の流行語にもノミネートしてますが「筋肉は裏切らない」これは本当にそう思います。

僕はこのダイエットからフィットネスにのめり込んだことを通じて、見た目が変わったことはもちろんそうですが、内面が何より変わったと感じます。無駄なものをそぎ落としすぎてつまらなくなったって言われたこともありますが、それも一理あるかも?と思いつつ、じゃあ前の方が良かったかと言われると即答でNOです。
フィットネスは、筋トレとかのことを言うんじゃなくて、自分のココロとカラダと向き合って、人生において良いパフォーマンスを発揮できるようにする行為のことだと思ってます。食事でもいい、運動でもいい、何か自分にあったやり方を見つけて、ぜひフィットネスというものに興味を持ってもらえたらなと思います。

カラダが変われば、ココロが変わって
ココロが変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わって
習慣が変われば、人生が変わる

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。