斜面でブレーキ練習

久しぶりのnoteです。ブレーキが苦手、特にフロントブレーキが掛けられないという人が多そうなので、今回は斜面を使ったブレーキの練習を書きます。

オフロード乗って間もないとかいう人の場合、平地で八の字とかオーバルで開ける、減速する、コーナーでのバランスとか練習すると思いますが、エンデューロの場合だとアップダウンがあって、フラットな場所の方が少ないです。(もちろん、フラットでの練習が無駄という事ではないですが)

特に、下りで上手くブレーキが掛けられず、スピードが勝手に出てしまう。ロックして滑る、前転するから怖い!というのが大半だと思います。なので、斜面を使って実践に近い形で練習する方法をお勧めします。

まず、動画の一番最初の挙動を見て貰いたいのですが、これはリアブレーキだけで下っています。リアブレーキだけだと止まろうとしても、下りではリアの荷重が抜けるのでロックしてしまい制動距離が長い。それとは別にリアブレーキを踏むとリアサスが縮みます。踏んだままだとリアサスが縮んだままであまり動かなくなります。そのため、下りのガレ場とかでは弾かれてしまいます。

2つ目はフロントブレーキだけを掛けた場合です。フロントだけだとリアサスが伸び、フロントサスが縮むという車体の前後のピッチングが大きくなるため、急にフロント荷重が大きくなり、バランスを崩したり、ロックしてしまったりします。

3つ目はリアを引き摺るように掛けながらフロントブレーキでコントロールする場合です。リアブレーキを少し掛けている事でリアサスの動きを抑え、それによって安定してフロントブレーキが掛けられるという流れです。リアブレーキは止まる為ではなく、リアサスを縮める為やあえてロックさせて向き変えに使うという方が正しいです。

もう少し急な斜面でやる場合ですが、大事なのは下る前にはしっかり減速する。斜面の途中から減速するのは急になればなるほど難しくなります。

なので、縁のギリギリまでフロントタイヤを落として、そこから段々フロントブレーキを離す方向でスピードを出さないようにコントロールするのがキモです。逆にスピードがついてからフロントブレーキを握ると前転します。

フロントタイヤが逃げて滑って転びそうになるから怖いという人は、ハンドルが真っ直ぐになってない、タイヤが路面に対して垂直でない、グリップしない路面でかけている、または腰が引けてフロント荷重が足りない状態で掛けているからです。

動画のようにゆっくりと、途中で止まる練習をするとブレーキとグリップ、角度などが分かるようになるかと思います。

斜面だと色々な練習が出来ますので、単に登るだけじゃなく下りも是非トライしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

SLおじさん

オフロードバイクで遊んでます。CGCなどのハードエンデューロ系レースにも出没。フロントアップやウイリー、ステアケース、ヒルクライムなど日々悶々と妄想しながら練習中。

実践篇

エンデューロで必要なテクニックをメインに、覚えておくと役立つ小技などを載せていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。