サンドで練習

CGC奈良虎のヤチ動画を見て、これはnoteのネタ的にいいな〜と思ってました。けど、あんなヘビーマッドな所が近くに無いな…という事で河原のサンド路面で動画を撮りました。(というか、好き好んでヤチで練習したくないw)

動画の一番最初のは1速でやっていますが、音だけで全然スピードが乗っていないのが分かるかと思います。次のが2速ですが、音はそこまでじゃなくてもよりスムースに前に進んでいます。

サンドやヤチでは開ければ開けるほど下に掘れてしまい前に進みません。かといって、開けないとパワーが食われて失速します。なので、如何にスピードを乗せていけるかが大事です。

一番は手前からスピードを乗せ、高めのギアで一気に通過する。振られてもアクセルを戻さない(失速させない)。失速して埋まりそうな時は、早めに飛び降りて開けながら押す。ダメなのは止まってしまう事です。ゼロから発進するのはとても大変ですので。

全開の時はクラッチは当てません。負荷がかかった状態でアクセル全開で半クラを当てた状態を続けていたらすぐに終わります。

ヤチの話とは別ですが、サンドでフロントアップ練するとボディーアクションがキチンと出来てないと全く上がらないのでいい練習になります。

あとは、アクセルを全開にする練習をしてみました。各ギア毎にアクセル全開してシフトアップしていくと普段どれ位アクセル開けてないか良く分かります。SLでパワー無いとはいえなかなか怖いですw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

SLおじさん

オフロードバイクで遊んでます。CGCなどのハードエンデューロ系レースにも出没。フロントアップやウイリー、ステアケース、ヒルクライムなど日々悶々と妄想しながら練習中。

実践篇

エンデューロで必要なテクニックをメインに、覚えておくと役立つ小技などを載せていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。