見出し画像

キミのお金はどこに消えるのか 第八話




この続きをみるには

この続き:0文字/画像10枚

キミのお金はどこに消えるのか 第八話

井上純一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

81

井上純一

中国嫁旦那。

キミのお金はどこに消えるのか

3つ のマガジンに含まれています

コメント9件

GDPを「国内でいくらお金が使われたかの指標」と消費に注目した定義は初めてでした。でも確かに「一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額」(Wikiより)を言い換えれば、付加価値に人々がいくら消費したかと言い換えられるのですね。商品やサービスを購入した瞬間に付加価値が生まれる訳であって・・。いつも勉強になります、ありがとうございます。
「消費税を下げれば、景気が加速する!」
と言う【事実】は、90年前の日本で【高橋是清】が実証した。
.
現在の日本では、
マスコミ「消費増税で財政再建しないと、日本は借金で破綻する!」
と言う勘違い--ではなくて、明確なフェイクニュースが吹聴されている。
有権者が虚偽の情報ばかりに晒されていれば、当然、民主政治も間違った方向へ行くわけだ。
.
侵略戦争の一つに、相手国民に虚偽の情報を信じ込ませて、政治的に衰退させると言う戦術がある。
果たして、「日本は借金で破綻する!」と言う虚偽の情報を吹聴している人は、一体誰の為に動いているのか。少なくとも、中国共産党は大喜びしているだろうね。
飯田泰之さんが監修されているんですね。(^o^) マンガの中で日本の経済に関わる人が三人ほど登場しますが、これは経済主体の事かな? だとすると(政府・家計・企業)の3つが代表的なものかなと思いました。あと、日本ではそもそも"なぜ経済政策をするのか?" という議論が抜けているような気がします。ようは目標がどこにあるのか皆さんがわからないままなのではないでしょうか。株価を上げるため? 為替を有利な方向にしたいの? という色々な話になりますが、基本的には経済政策は「雇用の最大化」「物価の安定化」「適切な所得の再分配」だったかな.. これを目的にすべきなのですがニュースでは誰も言わないのが... インフレ率2%の理由も雇用の最大化と密接な関係があるんですが...
うちのトップは、日が沈むのと同じくらいに「日本の財政は破綻する」と確信してるからなぁ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。