見出し画像

キミのお金はどこに消えるのか 第九話




この続きをみるには

この続き:0文字/画像8枚

キミのお金はどこに消えるのか 第九話

井上純一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

82

井上純一

中国嫁旦那。

キミのお金はどこに消えるのか

1つ のマガジンに含まれています

コメント7件

終戦直後の日本の物価上昇率は『500%/年』なので、ハイパーインフレの『13000%/年』には遠く及ばないので、ハイパーインフレを連呼している人のほぼ全員は意味すら理解せずに連呼しているのでしょうね。
そんな愚かな人達のせいで就職氷河期に突き落とされた若者達は…………。
.
仮に、小泉jr.が総理になって日本が更に酷い状況に陥っても、そこで終わらずに続いて行くのが現実です。でも日本は民主主義なので、国民が貧困に根をあげればそこで政治は変わります。
問題は、政治がデフレ対策に変わるまでの時間=犠牲者を抑えられるかどうかなのだと思います。
(既に、デフレ不景気進行による経済苦を理由にした自殺者数は10万人を超えていますけども……)
『お金=借金』である。
と言う話がついに来た!
井上先生、ありがとう!!
.
同じ話しで、『日本国債』を全て返済したら『お札』が日本国内から消える。
と言う事実を、より多くの人に知ってもらいたいですね。
確かに公共事業は議員が票を集める為に支援団体に税金を渡してるイメージが有りますね、これは確かにそういう部分も有るのでしょうがマスコミが国民の足を引っ張るためのネガティブキャンペーンをしてるとしか思えない。
つまり政府(財務省)が国民の返済能力を信じず(借り手の成長に投資することなく)貸し剥がししてる状態か。貸さずに節約と短期での返済を迫るだけなので、そりゃあ消費は冷え込むし返済も滞るでしょうよ。

消費税を社会保障費に充てるとか言われるより社会保障費は国債で賄う宣言された方が安心してお金使うんじゃないですかね。将来世代に負担を押し付けないとかいうけど、既にいま年金貰ってる世代は現役世代に負担押し付けてるわけで。将来世代に負担を押し付けるということではなく、自分達の未来永劫にわたる成長を信じるという話であって。

消費税を0%にして社会保険料を減らしてその分をすべて国債で賄ったら、色んな問題が一気に解決しそうな気がするんだけど、他人がいい思いをするのを嫌がるマインドが支配的なうちは無理なんだろうな。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。