見出し画像

キミのお金はどこに消えるのか第2部 第4話「日本は必ず財政破綻する」




この続きをみるには

この続き:0文字/画像10枚

キミのお金はどこに消えるのか第2部 第4話「日本は必ず財政破綻する」

井上純一

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

80

井上純一

中国嫁旦那。

良い記事メモ

良い記事メモ
4つ のマガジンに含まれています

コメント6件

一回くらい財務省の人と話してみる企画があってもいいのではと思うのですが、そんなコネは持てそうにもない感じですかね?
財務省勤務の人に、何故、日本は増税するのか?と聞いたところ、「国民の将来の不安を取り除く為の財源を確保する為」だそうです。
自身の将来(年金、介護、病気、、、)が不安で財布の紐が締まる→消費が落ちる→経済が回らない→なら、年食っても安心な生活が出来る事を提示すればいいんじゃね?→その為の財源確保だ!→増税。
らしいです。
個人的に待ち望んでいた、素晴らしい回でした。
.
今までの回で語られた事から、
Q.『今の日本が財政破綻を回避するためには、どうしたらいいのか?』
A.『国債を発行して借金を増やそう!(支出しよう!)』
と言う話になるから、国家経済は面白いですね。
この事実は、もっとプッシュして良いと思います。
.
財政破綻と言うと、ジンバブエやギリシャを思い浮かべる人も多いでしょうけれど、世界最大規模の財政破綻(デフォルト)と言えば、米国が行ったニクソンショック(米ドル紙幣と金との兌換一時停止)ですね。兌換紙幣と言う債務に対して、兌換(返済)しなかった分けです。
現在は、返済されない不換紙幣が先進国の常識です。
別の言い方をすれば、インフレ率10%以下で、
いかに【不換紙幣を大量に発行できるか】がGDP成長のキモになっています。
いかに【財政破綻を大規模に行えるか】がGDP成長のキモになっている分けです。
.
大切な事なので、二度言いました。
国家経済って、ほんと、楽しいですね!
この考え方って最近話題のMMTとどう違うのかがよくわからないです。特別編とかでMMTについて解説してもらえるとうれしいなあ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。