柏戦_ぷれびゅー3

2019.7.7(Sun) MATCH 21  柏レイソル vs ヴァンフォーレ甲府 @三協フロンテア 柏スタジアム 19:00 Kick Off ~DATA PREVIEW ~


◆両チームの近況

柏レイソル
・水曜日の天皇杯をほぼベストメンバーで挑んだ。
・リーグ戦メンバーで休養が与えられたのは鎌田、大谷の2人。→7/7追記、大谷怪我で離脱。代わりは手塚。
・オルンガはアフリカネーションズカップでチームから離脱中。
ヴァンフォーレ甲府
・水曜日の天皇杯はターンオーバーで挑んだ。
・GKの河田が今節は出場停止、岡大生が怪我のため岡西が今季初先発。
・前節体調不良で欠場したウタカは今節は元気いっぱい。
・怪我で戦列を離れていたドゥドゥ、曽根田、小出が復帰。
・湯澤が約9か月の大怪我から戦列復帰。天皇杯でスタメンを飾った。

◆DATA

柏レイソル
・今季ここまで総失点が12でリーグ最少失点数タイ
・逆に得点が18点しか獲れていない。
・シュート数、ペナルティエリア進入数、30mライン進入回数すべてリーグ1位
KAGIがリーグ1位。(守備の際にどれだけ相手を前進させなかったか、相手を自陣ゴールに近づけなかったか)
・クリスは対甲府になると恩返ししてきやがる。対甲府通算8試合で4得点。
ヴァンフォーレ甲府
・今季ここまで総得点が31でリーグ最多得点数タイ。
・シュート数リーグ2位、ペナルティエリア進入回数リーグ3位
・KAGIがリーグ2位
・セットプレーからの失点が止まらない、止められない。
・クロスからの形が武器になってきた。

◆展望

 J2の各データで上位を占めている柏。対する甲府は攻撃データに関しては上位にいるが、守備データはそこまで。しかしセットプレーからの失点以外の失点は8失点(19失点中)のみで悪い印象はない。だが、今節の柏は得点数こそ少ないが攻撃のバリエーションは豊富かつ脅威である。クリス、小池のリーグ屈指の右サイド、間受けマン江坂、危険なところに侵入できる瀬川。オルンガがいないことだけが救いか。
 甲府は大事な局面でたびたび柏と対戦してきた。J1初昇格をかけた試合、J1残留がかかった試合、昨年のルヴァンカップ準々決勝etc...
今節も大事な局面であることは間違いない。このタイミングでドゥドゥ、曽根田、小出が戻ってきたのはチームにとって心強い。ドゥドゥ、曽根田はスタートからメンバーに入る可能性は低いが、途中からでも仕事ができるだけに最後の最後まで分からない試合となりそうだ。。。

こんなゴールまた見たい。。。




source by Football LAB(https://www.football-lab.jp/)
                SPAIA(https://spaia.jp/)
                J. League Data Site(https://data.j-league.or.jp/SFTP01/)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

C3

基本的には #vfk
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。