”交換日記”なんてこんなもんよ。

※1つ前の交換日記(From 夫)はこちら

 わたしは小学生の頃と中学生の頃に”交換日記”をした経験がある。
 あるけど、あなた、もうご存知だと思うけど、わたしはいわゆる陰キャだったので、あれが正解だったかどうか分からないです。なので、よしさんからの質問「交換日記ってやったことないから、どんなもんか分かんないんだよな~。提案もらってすげぇ嬉しいんだけど、こんな感じでいいのかな?笑」への回答は、「こんなもん!」です。
 いいんです!
 こんなもんでいいんです!!!

 さて、前回の交換日記であなたが書いていた一文に対するわたしの考えを述べます。
 TikTokのだれでもダンス。「目立ちたいんだったら、他の人とは違うこと・奇抜であることをするのが近道だと思うんだけどね」とありましたが、思うにそれは”わたしたち”の考えであって、きっとみんな
・目立ちたい
・けど、目立ちすぎたくない
から、目立つけど”だれでも”に隠れることができる「だれでもダンス」をするんじゃないのかな。このご時世、何をやったところでベッコベコになるぐらい叩かれる世の中です(言い過ぎか)。なので、ベッコベコに叩かれて傷つけられるのも癪だけど、目立たないのもつまらないから「だれでもダンス」で、”だれでも”なのに目立つ・・・んじゃないのかな。
 ま、この話はここで終わりだね。普段からよく話している話題だから(2人の答えが気になるって人がいてくださったら、その人の前で議論を披露しよう笑)。

 ちなみに今日は映画を観に行ったよ。
 「コーヒーが冷めないうちに」を観に行ったのだけれども、オムニバス形式の物語の中で、薬師丸ひろ子×松重豊パートだけキャリアの重みを感じてあっけにとられたよ。彼らのパートが圧倒的感動。あとアルツハイマーにはなりたくないなと思った。
 観てないよしさんにとっては「なんのことやらさっぱり」かもしれませんが、あなたと一緒にアルツハイマーをテーマにした映画はもう観れない。
 悲しくなっちゃうから。

 以上、日常。
 以下、質問。

 「僕に苦手なものはない!」と豪語していますが、実際「苦手って言いたくないけど、正直苦手」ってもの、ないんですか?
 別にその苦手を聞いて、あなたをいじめてやろう!ってわけではないのですが、もう少し弱みを見せてもいいんじゃないですか。なんちゃって。

カホ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

おわー!とても励みになります!!ありがとうございます!!!
1

かたやまかほ

ライター・ブロガー・画家。 3足のわらじを履いてぬるぬる生きる。ぬーるぬる。 1991年生まれ。東京在住。 noteでは、自分の生活を晒していきます。

ひよっこライター夫婦 交換日記

2018年にライターデビューを果たした夫とフリーライター歴2年目の嫁による交換日記。交際&同棲歴8年目、結婚3年目、2人揃ってフリーランスという修羅の道を選んだ夫婦の日常がここに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。