見出し画像

TATERU

TATERU(タテル)という会社名をご存じだろうか?

不動産に特化したプラットフォームの開発・運用、クラウドサービスの提供、デザインアパートメントの企画、運用を行う企業である。(wikipedia)

社名のイメージ通り不動産会社である。「TATERU」には、アパートを「建てる」という意味だけでなく、かつてない常識を打ち「立てる」等の思いも込められている。

この度スルガ銀行の不正融資に連鎖した形でTATERUの預金残高データ改ざんが明らかになった。

投資用アパートを購入しようとしているオーナーの預金残高を改ざんして銀行の融資を通りやすくしたとのこと。また、市場価値の3倍の価格で物件を販売していた。


ただこれ、

数百万の預金で数億の買い物をしようとしているもの

であり、無謀なことのように思える。月に払う額はそんなに家計を圧迫するものではないが、リスクが大きい。

また、市場価格の3倍の価格で物件を販売した件については

土地の値段や適正な価格を把握

していれば問題なかったのでは?と個人的には思う。利益を出すためにマージンをとるのは普通のことだし。


株価もひどいことになっている。
8/31終値1606円 9/12終値337円(-79.0%)
信用取引で全力で買っていた人もいた。


自分には影響ないニュースでも日常的に人生が変わることが起きていることを実感。「自己責任」の一言で終わらせたくないが、不動産業界の下火につながることにならないことを願う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

K.I

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。