見出し画像

通じてほしいのは「言葉」ではなく「心」が本質だと思う。※【お知らせ】機微力研究所設立

世界中の色んなバックグラウンドを持った人達と
コミュニケーションをとるときに必要なものは?
一般的に一番最初に出てくるのは
言語力。
それを否定するつもりは全くありません。同意です。

でも、言葉が通じる=心が通じる
必ずしもこの構図は成り立たないですよね。

言葉は通じる相手なのに、
心地よいコミュニケーションがとれないというご経験、
皆さん沢山おありなのではないかと思います。
むしろそれが悩みだという方もいらっしゃいます。

以前インドネシアに駐在されていた方がおっしゃっていました。

あんまり日本語がわからない家政婦さんが一人いて、
いつもは身ぶり手ぶりや、
お互いのつたない言葉で色んなことを説明していた。

仕事にも慣れてきたある日、その家政婦さんとの雑談中に、
「明日は家族でテニスをする」という話になった。
テニスに行くのは今回が初めてではないし、
特に家政婦さんにお願いすることはなかったのだが、
家政婦さんが帰宅した後、玄関に行くと、
家族分のシューズやラケットなどの準備が整然とされていた。

「言葉が通じないとコミュニケーションは本当に大変だけど、
こういう心遣いができるのって素晴らしいと思った。
むしろ、言葉が通じること以上に心が震える

なんとなくわかるんだけど、掴みどころがなくて、
説明の難しい、このインドネシアの家政婦さんの魅力。

それって一体何なのか?

…ということで、そこに横たわっているいるはずである
「機微力」を学術的見地から研究・検証し、
後天的に身に付けることのできる「機微力」を世に広めるため、
2019年8月1日、一般社団法人機微力研究所を設立しました。

グローバル社会における異文化理解や多文化共生の促進に寄与します
というのが目的です。

今秋、機微力検定創発予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます(*^_^*)
9

kibi_nagaoka

KIBIは外国籍の皆さんのサポートをしています。 日本で外国籍人材が隣にいる生活は、ある人にとってはもう日常ですが、ある人にとってはそうじゃない。知らないからこそ怖くて拒絶したくなったりする。でもそれ…もったいない!発信していくことが未来を照らす第一歩かなと思ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。