見出し画像

心理職が紹介する、恋人ができる人・できない人の特徴

1.恋愛の不思議

容姿はお世辞でも良いとは言えないし、性格も良いとは思えないのに、いつも恋人がいて、別れてもすぐに新しい恋人を作っている。そんな人を見て
「なんであの人がモテるんだろう?」、皆さん一度はそう思った事は無いでしょうか?そして、そんな人があなたの周りにはいませんか?

顔は整っていて、性格も魅力的な人なのに、長年恋人がいない。

そんな人を見て「なんであの人は恋人がいないんだろう?」、これも皆さん思った事がありませんか?


では初めに、一見パーフェクトな彼らが、なぜ恋人ができないのかについて、少しお話しをしていきたいと思います。
恋愛はしたいけど、いつも上手くいかない。と思っている人はこのタイプかもしれません。


2.『モテる=付き合いたい』では無い

恋人ができない人の特徴の一つに、共感能力の低さがあげられます。

意外に感じると思いますが、サイコパスはモテます。
サイコパスは他人に流されず、決断が早くて、口が上手くて、相手の感情を読み取る能力が高く、実はとても魅力的な人です。
見方にもよりますが、サイコパスは一種のカリスマ性があり、とてもいい面が多いのです。
皆さんが思い浮かべるサイコパスとは少し違う印象を受けるかもしれませんが、バランスのとれたサイコパスの人は、こういった特徴があるのです。
サイコパスは、医師・弁護士・警察・公務員・芸能人などの職業を選ぶ傾向があり、人の上に立ちリーダー的な存在となる方が多いです。

しかし、社交性共感能力が低いので、『結婚』や『付き合う』などの長期的な関係は望まれない傾向があります。
先ほど書いた、あなたの周りの「なんであの人は恋人がいないんだろう?」と感じる人はこの特徴に当てはまっているのかも知れませんね。

この事からも、共感能力が低ければ付き合いたいと思われない。
という事がわかります。

ここで、「なるほど、共感能力が高ければ恋人ができるのか。」
と思って画面を閉じようとした方は危険です。

3.共感能力が低すぎても恋人ができない・共感能力が高すぎても恋人ができない。

この続きをみるには

この続き:580文字
記事を購入する

心理職が紹介する、恋人ができる人・できない人の特徴

kiiin

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

kiiin

心理職が考えたつぶやき

thanks

みんなのフォトギャラリーで写真使用頂いたもののまとめ