見出し画像

今日まで無料

別冊少年マガジンの創刊号は今から10年前の2009年9月9日。

金色のガッシュ!!の雷句誠先生の『どうぶつの国』。
とらドラのイラスト担当されたヤス先生とさよなら絶望先生の久米田康治先生がコラボした『じょしらく!』。
みなみけの桜場コハル先生の『そんな未来はウソである』。
など好きな先生が連載を持つとして、めちゃくちゃ分厚い創刊号を購入した記憶が残っている。


そんな創刊号から唯一連載が続いており、10周年を迎えた『進撃の巨人』の一話目ももちろん掲載されていた。が、超大型巨人の見た目の気持ち悪さから継続して読むことはしなかった。

そのあと、進撃の巨人ブームが起きた時に、単行本で読もうかなと思ったものの、ブームの時期、レンタルコミックも貸し出し中、ブックオフでも在庫なしなど結局読むことが出来ず、そのブームも終わりを迎えた。

なので、30歳児の僕は、進撃の巨人って、
「主人公たちが、仲間たちと巨人を倒して世界の平和を目指す。巨人との闘いや仲間の死を通して、主人公の成長をも見るマンガ。」
だと思ってました。


いや、全然ちゃうやん……。

なんなん、ゆうといてよ……。


『進撃の巨人10周年記念』で、各WEBマンガが読めるサイトにて、1~28巻が無料、29巻が100円で購入できるというキャンペーンが今日の18日まで開催されており、kindleで一気に読み進めたのですが、進撃の巨人めちゃくちゃ面白くて、そりゃブームになるわ。みんなはまるわ。という感想以外出てきません。

各キャラも個性的でかっこいいし、あーそことそこがつながるのね!だったりという伏線の回収も一気読みだからすぐに気づける楽しさ。

今日までなので、もう時間はありませんが、もしたまたま18日お休みということがあれば、一気読みがおススメです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金で近所にできたスタバにいって、マックでどやってツイッターやります。

しゅき💛
3

モリモトケイ

平成元年生まれの30歳独身男性|読みたいことを書いていく。と思う。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。