見出し画像

【この道の先には】#旅する日本語

「この道は、一体どこまで続くんだろうね」

大地にそびえる青い山々と、見渡す限りの湿原。終点の見えない木道。

水面には、空と雲がくっきりと映っている。

画像1

「続くと思う限り、続くんじゃないかな。続けたいと思う限り。でも、終わるのもきっと、楽しいと思う。ちゃんと続いて終わったら、ほっとするから」

あなたはそう言った。

日常を忘れて、木道を歩く。


ああ、いつになったらたどり着くんだろう。


歩を進めているはずなのに、景色はほとんど変わらない。美しいはずなのに、見慣れてしまった。


何かとおんなじだ。


どこかから声が聞こえる。

その声を打ち消すように、私は歩いた。

画像2

「ほら、もうちょっと」

そうか。もうちょっとなのか。
大童にはなりきれない。でも踏みしめたら、進んでいた。

木がぎしぎしと鳴る。足裏で、石の躍動を感じる。


たどり着いた先には、屋根があった。
「カレーが美味しいんだって」

また進める気がした。

画像3



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございました! ♡を押していただけたら、励みになります。シェアもとってもうれしいです。サポートはもう、大事に大事に使います。 今日もいい日になりますように。 Twitter:@09rahomaho

今日もおつかれさまです🍪🍬
19

奥村 まほ(okumaho)

揺れるさざなみのような文章と、おでんのように染みる文章を。食べ物や日常に関するエッセイを週1・2回更新中。|ヨーグルトのある食卓コンテストグランプリ、第1回教養のエチュード賞副賞|おやつとスパイスカレー好き。 https://twitter.com/09rahomaho

ふうふエッセイ

登山と丁寧な暮らしに全力を注ぐ夫とズボラで怠惰な妻のちょっと変わった毎日を綴るエッセイです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。