見出し画像

奥村まほという生き物について

長らくプロフィールを設定していなかったので書いてみました。ほんわかエッセイを書いたかと思いきや官僚だなんだとキャリアの話が出てきて、短歌もあって、わたしのページはカオスな感じになっていますが、だいたいこんな生き物です。もしよかったら読んでいただけるとうれしいです。

【プロフィール&略歴】

画像1

<左:noteアイコン|右:Twitterアイコン>
(高校の同級生作。かなり似ているらしいです。)

富山県生まれ東京住まいの26歳。文章を軸にフリーランスとして活動しています。約2年間ベンチャー企業でWebメディアの運営にたずさわったのち独立。文章の執筆・編集・校正・推敲やコンテンツ制作・オウンドメディア運営のお手伝いを始めました(随時お仕事を募集しています)。自費出版で電子書籍も販売中です。

大学時代は法学部で、Web業界に進む前は省庁で法令案を練ったり審査したり、あちこちを調整したりしていました。紆余曲折の人生です。

性格はマイペース。日常生活ではズボラでおっちょこちょいで、苦手なことが多いです。周囲の人からは、ほんわかしている、感受性が豊か、芯が強い、堂々としている、自分の世界を持っている、へんな生き物、などいろいろな言葉で形容されます。趣味は歩くことと食べること。丁寧な暮らしと登山をストイックに追究する夫と暮らしています。

<略歴>
1992年〜 富山県に生まれる。幼少期は福井と北海道で過ごす。小学校高学年〜高校まで陸上部で100mとリレーに熱中。読書と作文が好きで、密かに小説を書く。

2011年〜 大学進学とともに上京。個性豊かな面々と出会う。歩きまくる。あんみつを食べまくる。生活力のなさに愕然とする。

2015年〜 省庁にて法令案の策定や審査、調整業務にたずさわる。

2017年〜 都内のベンチャー企業でWebメディアの企画、構成、ライティング、編集、ディレクション、コンプライアンス関連業務を担当。

2018年〜 同メディアの編集責任者・SEO施策責任者としてライター・編集者の指導・統括、メディアの戦略決めと分析、編集部全体の環境整備(マニュアル策定など)を担当。コンプライアンス関連業務も引き続き担う。

2019年春 独立。文章を軸に活動中。

【大切にしていること】

自分の気持ちに正直に生きること、ゆずれないものはゆずらないことを大切にしています。そういう人に憧れますし、企業でもコンテンツでも、軸をしっかり持ってこだわりや世界観を貫いているところに惹かれます。

固定観念、世間体、目先の利益、みんなをハッピーにせず縛るだけのルールや常識。そういった余計なものはできるだけ取り去って、シンプルに心が動いたものを大切にしながら生きていたいなあと常々考えています。

でもだからこそ、他の人の生き方や考え方、感性は尊重し、応援できる人間でいたい。枠にはめず、偏見にとらわれず、多角的に人・ものを見ていたい(なかなか難しいけれど…)。とくに人の「弱い」部分を知ってただ「あの人は弱い」で済ませる人間にはなりたくないなと思います。表には見えづらい苦悩や価値観や努力や勇気を推し量り、サポートできる人でありたいです。

また日々のちょっとした感動や驚き、違和感を大切にして暮らすことも、わたしのポリシーです。

たとえば雨上がりの道路をつつみこむ草木の香りを吸い込んでしあわせを感じるとか、ガードレールできらきら輝く水滴の美しさに感動するとか。ニュースを見てこれってなに?どういうこと?なんかおかしくない?他の人はどう考えてるんだろう?と思ったらすぐに調べるとか。

文章を書く上でも、上記の姿勢を大切にしています。

【note〜書いているもの・書きたいもの〜】

○暮らしや夫婦関係をテーマにしたエッセイ
日常生活におけるふとした気づきや感動、違和感、ちいさなしあわせ、夫婦にまつわるエピソードなどをエッセイに綴っています。

めざしているのは、下記のような文章です。

明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体

これは詩人・原民喜さんの随筆『沙漠の花』に登場する一節で、宮下奈都さんの小説『羊と鋼の森』で引用されています。調律師をめざす主人公が先輩からこの言葉を教わって反芻するシーンを読んだときには、心に風が吹きました。

この文体をめざしつつ、情景と感情が浮かび上がりじわじわと心に浸透してくるような文章を書けたらいいなと思っています。(と言いつつときどき毒を吐くこともあるかもしれません笑)。

<作品例>

↑性格や生き方が真逆の夫との朝食の風景を描いたエッセイです。「#ヨーグルトのある食卓」コンテストでグランプリをいただきました。

↑学生時代に一人で焼き鳥屋に入り、大人たちと乾杯した夜のことを思い出して書いたエッセイです。note公式のおすすめ記事に選んでいただきました。


○キャリアや生き方に関するコラム
官僚→ベンチャー企業→フリーランスと少し変わったキャリアチェンジをしてきました。そのため就職や転職、働き方、生き方について興味を持っていただくことが多く、転職やキャリアについて相談されることもあります。

またわたし自身にとってもキャリアや生き方は興味のある分野で、思考する機会が多いと感じています。そこでキャリアや生き方について考えたこと・考えていることをこちらのマガジンにまとめています。

自分が悩み続けてきた(今も悩んでいる)経験から、同じように悩んでいるどなたかにとって気づきがあるものや読んで心が軽くなるものを書けたらいいなと思っています。組織のあり方や働き方についてはいろいろと考える部分が多いため、問題提起をすることもあります。

<作品例>

↑自分の価値観の変化や文章への想い、働き方・組織のあり方への疑問から官僚を辞めた後、疲弊しきった心と体を休めていた時期の心境について書いたコラムです。


○文章や本、言葉に関するコラム
幼い頃から文章の読み書きが好きで、仕事でも文章に携わってきました。

自分で文章を書いたり他の方が書いた文章を校正・推敲したりするなかで気づいたことや、これまで勉強してきた内容、読んだ本や気になる言葉など、文章や本、言葉に関する記事を下記マガジンに納めています。

自費出版で文章に関する本を販売しているので、その一部を掲載することもあります。今ある記事はノウハウ寄りですが、文章や本のおもしろさを追究するコンテンツも作っていきたいです。


○小説や短歌
小説を読むのが好きで、小学校高学年の頃に書くほうにも手を出しました。短歌に挑戦していた時期もちょっとだけありました。

小説は文学賞への応募が中心になりそうですが、noteでも過去作品やショートストーリーを投稿できたらいいなと思っています。

現在は以前作った短歌を下記マガジンで連載中。リアルの知り合いを中心に意外とご好評いただけて少し自信がついたので、新しい作品も発表していく予定です。

<作品例>

錆びかけのエレベーターに乗るひとの黒装束に目を瞑る朝
静けさに耐えられぬのかオフィスにてしゃかしゃかと鳴るコンビニの飯
両親と織り上げてきたこの衣装脱ぎ捨てるにはまだ意気地なし

夕焼けサンドイッチ(勤め人時代編)より)

こんな感じでざっくばらんにnoteを書いています。気になる内容がありそうだったら、フォローしていただけるとうれしいです。


【お仕事〜できること・やりたいこと〜】

○コラムやエッセイの執筆(特にやりたい)
生き方、暮らし、たべもの、女性のキャリア、夫婦や家族のありかたなどに関するコラムやエッセイを、noteはもちろん、各種メディアでも書きたいです。読んでなんとなく心が温かくなったり、クスッと笑えたり、ときには何かを真剣に思考するきっかけになったり。何かしら引っかかるものがあればいいなと思っています。

過去に依頼をいただいて執筆した現代ビジネスの記事はタイトルが強烈で深刻な雰囲気が漂っていますが、やわらかい雰囲気のものも書けたらなおうれしい。

論文調のもの、Webメディアに馴染むフラットで明快なもの、エッセイちっくなものまで、内容や文体はメディアの雰囲気やご依頼内容に応じて柔軟に変えられます。

↑現代ビジネスに寄稿した記事。女性官僚の働きづらさにスポットライトを当てました。当事者の思いを表に出すため、編集者の方からのアドバイスを参考にストーリー調にしました。

○文章に関するお手伝い(企画・構成・執筆・編集・校正など)
前職では、Webメディアの記事の企画〜校正にいたるまで、記事作成に関わる一連の業務を担当しました。またメディアの記事以外にも、HPや採用ページ、PR文、各種マニュアルなど、さまざまな文章を編集・校正した経験があります。

個人・法人、ビジネス・プライベートを問わず、文章についてお手伝いできることがあればお声がけください。添削もします。

○オウンドメディア運営のお手伝い(編集部支援)
編集部の方針・ルール決め、マニュアル策定・運用(法律関連を含む)、ライター・編集者のディレクションや進捗管理など、編集部全体の基盤・環境づくりについて相談に乗ったりサポートしたりできます。メディアを立ち上げたばかりの方や、具体的な運用に関して迷っている方のお力になれたらうれしいです。

○Webマーケティングのお手伝い(SEO)
前職では月間500万UU、2500万PV(当時)のオウンドメディアのSEOの施策を考え、実行し、分析して改善するところまで包括的に担当していました。下記のお仕事ができます。

・戦略策定
いつ頃、どんな分野で、どんなキーワードで、どんな相手に向けて、どんな目的で、どんな記事をどのくらい作るかを決める(内容と分量によっては戦略決め〜ディレクション・執筆〜編集・校正まで丸ごと担当できます)。

・分析と改善案の提示
サイト全体や特定の記事についてGoogleアナリティクス等のデータを用いて分析し、動向や問題点を探り、改善点を洗い出す。具体的な改善案・リライト案に落とし込む。

【お問い合わせ・おしゃべり】

ご依頼やお問い合わせは、TwitterのDM、HPの問い合わせフォームまたはメールでお願いします。気軽にお声がけください。もちろんお仕事のことでなくても、話しかけていただけたら喜びます。

<Twitter>

<HP> 

Mail:maho.okumura@buntou.jp


*第2回note酒場に参加予定です。たくさんの方とお話できるのを楽しみにしています!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございました! ♡を押していただけたら、励みになります。シェアもとってもうれしいです。サポートはもう、大事に大事に使います。 今日もいい日になりますように。 Twitter:@09rahomaho

今日もおつかれさまです🍪🍬
47

奥村 まほ(okumaho)

揺れるさざなみのような文章と、おでんのように染みる文章を。食べ物や日常に関するエッセイを週1・2回更新中。|ヨーグルトのある食卓コンテストグランプリ、第1回教養のエチュード賞副賞|おやつとスパイスカレー好き。 https://twitter.com/09rahomaho
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。