オススメ【米津玄師】


ちなみに今日は。
米津さんの27歳の誕生日です、おめでとうございます(^^)


有名な方で、ご存知の方も多いと思うのでプロフィールはざっくりと…

本名:米津玄師(よねづけんし)
別名義:ハチ
生年月日:1991年3月10日
出身地:徳島県
血液型:O型
身長:188㎝


歌も、作詞も、作曲も、イラストも、プロモーションも、自分自身で生みだすことができる鬼才!
作品にちらほらと、童話や文学の世界観が見え隠れするのが印象的です。
(特に僕は米津さんの描く、繊細な女の子や独創的なかいじゅうの絵が好きですね。)



ドラマの主題歌としても話題な、新曲「Lemon」はYouTube公開から5日間で1000万回再生!
コレは圧倒的すぎる!今の音楽界の鍵を握る、見事な重要人物ですね。


どの楽曲も、独特のメロディーを持っていて混沌的な表情を見せます。
それでいて、鮮やかでポップな仕上がりになるのが気持ちいいですね。
「ポッピンアパシー」この楽曲は、特に米津節が効いていて中毒性が高いです!



今回は、4枚のアルバムから4曲ずつ。
僕のオススメを紹介したいと思います。


(本当は、全曲解説できる勢いの想いですが、とめどなく荒ぶりそうなので多少まとめます。)


「diorama」

恋と病熱→宮沢賢治さんの詩作品からのタイトル。丁寧な歌い方で素敵です。イントロ、アウトロともに印象的。
Black Sheep→ダークで気だるいような楽曲、歌声もダルダルとしています。ラストスパートは圧巻です。ちなみにBlack Sheepとは訳すと「厄介者」と言う意味。
乾涸びたバスひとつ→煌めくワードセンスで、切ない情景描写を見事に紡ぎ出しています。5分の曲なのに体感的にはあっという間。隠れた名曲。
心像放映→メロディーや歌詞が繊細で綺麗で、じわじわと心身に馴染みます。最高に心地のいい楽曲です。



「YANKEE」

リビングデッド・ユース→真骨頂。耳障り良いサビに、皮肉的なメッセージもあり魅せられます。いろんな音が飛び交って楽しいアルバムの1曲目ですね。
MAD HEAD LOVE→続けざまの真骨頂。カオス感が強いのに、めちゃくちゃポップ。歌詞がいい味を出しています。
WOODEN DOLL→特にイントロが素晴らしい。悩み事をたやすく笑い飛ばしてくれるような楽曲、一向に飽きないです。訳すと「木偶の坊」という意味かな。
花に嵐→「月に叢雲花に風」物事にはとかく支障が起こりやすいことの例え。疾走感のあるロックナンバーです。淀んだ日常を力強く突き動かしてくれます。



「Bremen」

アンビリーバーズ→素敵なテーマですね、アルバムの1曲目としてとても頼もしい楽曲です。冒険心が溢れます。
再上映→イントロの疾走感からの、このサビ。この緩急がたまらないですね。
Neon Sign→不穏な空気感を振り切るかのように、サビで強く別れを馳せます。
雨の街路に夜光蟲→タイトルに脱帽。優しく励まされる楽曲です。安心してメロディーに身を委ねれますね。



「BOOTLEG」

LOSER→イントロから痺れます。特に2番の怒涛の言葉乱射が心地よく、徐々に反骨精神が強くなっていく感じがグッドです。歌詞に注目したいですね。
Moonlight→虚無感に美しさがうまく混在しています。歌詞と韻踏みが鮮やかで気持ちいいですね。こんな曲も作れるとは…賛嘆です。
春雷→何も言うことはないでしょう。
fogbound→濃霧のようで掴み所のないメロウな楽曲。個人的にMoonlight、春雷、fogbound、ナンバーナイン、この曲順は理想的だと思いますね。



米津さんの作品の中で、僕が一番お気に入りの曲です。
米津作品は全楽曲、イントロが素敵すぎます。
そこでまず、心をグッと鷲掴みされてしまいます。
その中で「春雷」は、群を抜いて神がかっていると思います。


正直、最近は落ち着いた曲も多い気がします。
「ゴーゴー幽霊船」のような自由度が高く、バキバキピコピコの実験的な作品を。期待している自分もいます。


あとは。
個人的に、米津さんのブログもオススメですね。
米津節が効いていて文章にクセがあります。
それなのに、かなりスムーズに読めます。
文学性が高い日記で贅沢な気分になります。

米津さんのブログ https://lineblog.me/yonezu_kenshi/


少しでも興味を持った方は。ぜひ、米津玄師ワールドに浸ってみてください!すぐに中毒になることでしょう。

そしてぜひ、気軽にコメントを(^^)

読んで頂き、ありがとうございました!


愛してるよ、ビビ
明日になればバイバイしなくちゃいけない僕だ
灰になりそうなまどろむ街を
あなたと共に置いていくのさ

「vivi」より抜粋



ヘッダー画像の出典 http://reissuerecords.net/profile/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

*・゜゚・*:.。..。.:*・素敵なポートフォリオをつくります・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あら詩的。
32

column

ぼくの愛くるしいコラムたち。

コメント4件

米津玄師さんの「vivi」良いですよね。
他の曲はあまり聴いたことなかったですが、宮沢賢治好きなので「恋と病熱」も聴いてみようと思います。
紹介してもらえて有り難いです(^^)
ぱぴりおさん、ありがとうございます‼「vivi」儚くて素敵な曲ですよね。

「恋と病熱」も、YouTubeでミュージックビデオ公開しているので、ぜひチェックしてみてください☺
山岩さんこんばんは(^▽^)こんなに早くリクエストに応えていただき、恐縮です(^人^)そして、山岩さんにお願いして良かったと、心底思っています。王道を(あえて?)外しての紹介に、熱量を感じました!言葉に重きを置いてらっしゃる、山岩さんならではのチョイスですね(私はトイパトリオット・しとど晴天大迷惑・眼福、有名どころではフローライト)今日は米津さんの曲、沢山聴きたいと思います!ありがとうございました!
owenoさん、こんばんは(^^)

偶然、今日が。
米津さんの誕生日だということで。
誕生日に合わせて急いでnoteを仕上げた次第です笑

やっぱり「YANKEE」は大名盤ですよね、捨て曲がない‼
個人的には「しとど晴天大迷惑」も「TOXIC BOY」も紹介したかったんですが笑
「フローライト」も美しく爽やかで良いですよね、好きな曲です。

僕は。
このnoteの文章を書くために。
改めて米津さんの曲を聴き直しました。そのおかげで米津さんの、歌詞やメロディ―の面白さを再発見できました。
ありがとうございました‼
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。