はじまりの言葉


夢を持て
好きなことをやろう

タイムラインに並ぶのは、キラキラした同世代の笑顔
華やぐみんなと比べて、コトバにできないモヤモヤを抱く自分

私は将来、何をして生きていくんだろう…
そんな迷いを持つ10 代へ

わからないなら深呼吸して考えよう
知らない時間を巡る旅に出よう

山や海と共にある生きかた
代々受け継がれた仕事をする生活
君の知らなかった世界は案外面白いから

列島ききがきノートと一緒に
「いのち」を見つめ直す旅を始めよう


わたしたちについて

森や海、川に生きる名人(林業家、漁師、伝統工芸士など)に、高校生が取材をする「聞き書き甲子園」が2019 年度で18 年目を迎えました。

文部科学省などの各省庁、ファミリーマートなど企業や団体の協力のもと実施しています。運営事務局を務めるのはNPO 法人共存の森ネットワーク。

実は、共存の森ネットワークも聞き書き甲子園の卒業生が2003年に立ち上げた団体なんです。それから20年近くが経って…

高校生や10代をとりまく状況はどのように変わったでしょう。
教育は?経済は?生活は?就職は?性差は?自然環境は?

わからないことだらけの世界で
せめて生きている実感がほしい。
テクノロジーが進化するほどに、
肌感覚が恋しくなる。

「列島ききがきノート」では、自然と生きる人の取材記事を中心に
10 代が「いのち」を見つめ直すきっかけになる記事を配信します。

ライターは聞き書き甲子園OBOG の高・大学生を中心に、編集部(運営)は共存の森ネットワーク事務局と、有志の学生が担っています。

聞く、書く、生きる。

(文:工藤大貴)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい!
3

空と影 ーはじめまして、編集部ですー

新米編集部たちが日々のことを綴ります。聞きながら感じ、書きながら考えてゆきたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。