聞き鞄(キキカバン)

かばんを作って売っています

道具の話

父は建築士だった。
小さい頃、家にはいろいろな種類のシャープペンシルが並び、三角や直角やカーブのための定規があった。
100色以上の色鉛筆から好きな色を選んで大きな青焼きの紙を塗って良かった。

CADが普及して、父がその製図道具を一式誰かに譲ってもいいと考えるようになった頃、後輩たちは図面を手描きしなくなり、娘は設計図を使わないかばん屋になった。
道具は、若かった頃の父にとって高価で、ひとつひと

もっとみる

どこまでが「かばん」か問題

倉谷滋先生の「新版 動物進化形態学」を読んでいる。
元々は個人的な趣味(キリンが大好き)で、その分類について調べていたら行き着いた本。
読んでいる、というのは、まだ読み終わっていないという事だ。
本好きな子どもだった方、「はてしない物語」を覚えてるだろうか。
文字は黒一色だけれど、ボリュームとしてはあの位の本で、そこに難しい言葉で面白い事が無限に書いてある。無限に。ずっと読み終わらなければ書いてあ

もっとみる

北海道の農家さんの話

北海道は10月から猟期に入り、シカが獲れるとスマホに通知をいただくようになった。

猟師さん、毎日山に入ってバンバン銃を撃っている訳ではない。
銃の弾は高いし、何より彼らの多くは生活のための仕事を持っている。
猟師になるのに対してシンプルに最も因果関係が深いのは、農家さんだと思う。
ジビエとかそんなお洒落な名前が浸透する前から、不作の年に農作物を狙って山から下りてきてしまった野生動物を捕獲し、食べ

もっとみる

A4サイズのかばんの話

かばん選びの基準で最もポピュラーなもののひとつ、A4サイズの書類を折らずに入れられるサイズかどうか。でも、どうしてA4なのか、考えたことはありますか?

ドイツのDINという規格が元となって定められたA4サイズは、A3のちょうど半分、A3はA2のちょうど半分。確かに気持ちいい単位です。

ところでかばん屋の身長は高くありません。ドイツ人の師匠は長身なので、ハグしてくれるときは毎度、体を2つに折って

もっとみる

消えてしまった職人の話

日本の職人が消えてしまった、と聞く事があります。

消えてしまった日本の職人とは、誰でしょうか。職人とは、誰でしょうか。

「工業製品」と「手作り品」の間に、「職人の手仕事」を入れて並べてみます。同じように感じませんか?でもこの中で、動詞に変化させる事が出来るのは、手仕事という言葉だけです。

工業製品では、専門家でなければ見たことの無いような機械を使ったり、大量に早く作ったりするため、出来上がり

もっとみる

3ステップ ヌメ革のお手入れの話

Step1:守る

ヌメ革は、手入れをしながら長く使っていただくと、全体にツヤが出て、飴色になります。古くからあるシンプルな仕上げですので、通好みの、育て甲斐のある素材と言えます。

しかし反面、革の中でも特に水に弱く、雨や、机の上のお飲みものの滴、また汗などで染みができてしまうこともあります。

もしも水が掛かってしまったら、できるだけ早く乾いた布で拭けばシミを防ぐことが出来るかも。防水スプレー

もっとみる