きっかけ食堂@東京開催の理由とちょっと恥ずかしい昔の私

こんにちは!きっかけ食堂の原田奈実です^^

弘田が「noteはじめよう!」
と言ってくれて、メンバーでnoteを始めることにしました。


このnoteの位置づけは、
普段「きっかけ食堂」Facebookページでは
お伝えすることができない、
メンバーの「個性」を
ガンガンに出していけたらなぁ~と思っています!

ラフな感じで、(たまに真面目で)やっていくので
楽しんでいただけたら嬉しいです!


記念すべき1回目は、
きっかけ食堂京都時代にお客さんとして来てくれていて
今年4月からきっかけ食堂東京を一緒に盛り上げてくれている
弘田光聖が書いてくれました~!

▼まだの人は必読!!

https://note.mu/kikkake_syokudo/n/n675f726862ed

いや~!感動しましたね!

いつも支えてくれている超絶大切な仲間です。

感謝感謝です。

**********

最近、きっかけ食堂は京都だけでなく、
4月からは東京、
8月には名古屋
に進出しています。

なぜ、拠点を増やそうと思ったのか?

そんなことを少しお話できたらな~と思っています。

**********

きっかけ食堂を引き継いでくれた京都のみんなの頑張りで

今年の2月に、復興庁さんから顕彰をいただきました。

▼日経新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26819980T10C18A2CR0000/

テーマが「新しい東北」

このタイミングでこの顕彰をいただいた意味って何だろう。

「新しい東北」って何だろう。

感謝と共に、考えさせられました。


「新しい東北」というものに
きっかけ食堂を選んでいただいた要素として

私たちが、純粋に東北が好きという気持ちだったり
魅力を伝えたいっていう思いだったり
そこに集う皆さんで毎月11日に東北を思い出したり

ハードなボランティアなどが減っている今
そのような事が必要とされているのかもしれない、って思ったりしました。
(他にも色々思いました。)

岩手県宮古市に遊びに行った写真です!

↑全力で東北(宮古)を楽しむ私たち

↑宮古ゲストハウス3710のオープニングパーティの時

※宮古ゲストハウス3710とは?

宮古の観光や交流の拠点になる、宮古駅から徒歩5分にあるゲストハウスです。2018年7月に正式オープンしました!http://miyakogh.info/


そして直近の出来事として、私たちが大好きな生産者さんが

引退するという出来事もありました。

「震災後、お客さんが引っ越しをしてしまったり、大きいスーパーができたりと、色んな要因があって続けられなくなった」というお話を聞きました。

いつも元気をもらっていた大好きな生産者さん。

京都にはたくさんのファンがいました。

私たちでどうにかできなかったのか?何かできることはなかったのか?

自分の無力さを感じました。


そして、そんな今

『私が出来ることは何なのか』

改めて、考えさせられたんですよね。


そんなタイミングで
MYSH Sake bar(きっかけ食堂を一緒に開催させていただいているbar)
の向井さんとの出会いがありました。


地域の食や日本酒を通して、色んな地域の魅力を伝える
色んな地域に愛を持っている女将が営む素敵な空間で

きっかけ食堂とも通ずる部分がありるなあと感じました。

また、嬉しいことに、毎月11日にここできっかけ食堂をやらないか、というお話もしていただくことができました。

色んな奇跡が重なって、
「今、私にできることを、私はやりたい!」

「後悔をしたくない!」

そう思い毎月11日に東京でもきっかけ食堂を定期開催することにしました。

↑不定期開催していたTregionさんでの、きっかけ食堂東京イベントの様子

きっかけ食堂東京をやろうと思った理由、伝わりましたかね?

**********

「きっかけ食堂を京都以外でもやろう」
っていうタイミングは過去にも実はあったんです。

結局やらなかたんですけどね。

そんなかつての私が作った
「きっかけ食堂のマニュアル」たるものを
発見いたしました。

大公開しちゃいます。

どーーーーん。

きっかけ食堂をするために必要なこと

気合・仲間・場所 (、、、それだけ?!?!)

果たしてマニュアルと言えるのか?!
(大学2年生の時なので、お許しを、、、。)

最近これを掘り起こした時、
メンバーみんなにめっちゃ笑われました(自分も笑いました)。

でもでも東京開催もある意味この要素がそろったからできたなあ。

と思ったりします。

なにより、「仲間」が大きいですよね。

きっかけ食堂京都や東京の仲間

いつも訪れてくれるお客さん

東北の食材を送ってくださる生産者さんたち

遠くからでも見守ってくださる人達

心強い「仲間」だと思っています。

感謝しています。本当にありがとうございます。


場所って言うのもザックリ書いてますが、

京都の時もまほロバ代表の山崎さんと出会えたからこそ

今の「きっかけ食堂」があると思っているので

そんな出会いも大きいなあと思います。

↑初回2014年5月11日のきっかけ食堂の写真

気合もある意味大事ですね。私、気合だけは忘れずに突き進んでいきたいと思います!w

恥ずかしいマニュアル公開でした。

こんな拙いマニュアルを書くような私がここまで続けてこれたのも周りの人たちの支えがあってこそだなあということも改めて感じました。

たくさんの偶然と奇跡が重なって今のきっかけ食堂があります。

本当に本当にいつもありがとうございます!!!!

**********


今、地元京都の井手町を離れ、
1人で何とか生活していますが、

この環境でもっともっと成長して
周りの仲間や
大好きな東北の方々や
大好きな井手町や家族

たくさんの人を幸せにできるように
挑戦していきたいと思います~!!

↑働いている会社で東北のごはんやさんイベントをした私

温かい目で見守っていただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。