ブログもやっていないのに、3,000円かけてアイコンを依頼した話

みと(@kiky_310)です。

タイトルにもあるように、わたしはブログをやっておらず、さらにnoteも始めていなかった状態で、3,000円を費やして自分の似顔絵のアイコンを依頼しました。 

どうして依頼したのか、実際依頼してみてどうだったかを書きます。

(いちばん最後に、わたしがアイコンを依頼した方の詳細も載せています。)

プロにアイコン制作を依頼した経緯

わたしはインターン先の業務の関係で、2018年7月からTwitterを運用しています。

いろいろなフォロワーさんのアイコンを見ているうちに
「アイコンがちゃんとしている人はフォローしたくなるな」
「逆にアイコンがイマイチな人はなんとなく信用できないな」

と思うようになりました。

「アイコンがちゃんとしている」とは、

■自分の写真なら、高画質であること。
ぼやけていると魅力が半減です。半減どころかマイナスの印象を抱きがちです。
(あと正直かわいい女の子はフォローしがち)

■イラストなら、プロっぽい絵であること。
色鉛筆やマジックで描いたような絵ではなく、デジタルの絵というか、イラレなどで描いたんだろうなあと思えるような絵。


と気づいた矢先、インターン先の語学学校で、アイハラさん(@aihara_labo)というブロガー兼デザイナー兼YouTuberの方に出会いました。
出会いましたというか、アイハラさんのインタビュー記事まで書かせていただき、たくさんお話することができたんです。幸運だった……

そしてアイハラさんのデザインに対するこだわりを知り、アイハラさんのシンプルかつおしゃれなブログを拝見し「わたしアイハラさんのデザイン好きすぎるな」と思ったわけです。

はい、依頼決定。

3,000円かけてアイコンを依頼して、めっちゃよかった

結論は上記の通り。

実際のところアイコンは、自分で描いたり、絵の上手い友達にお願いしたり、自分の写真を使ったり、無料で済ます方法なんていくらでもあります。

だけど自分で描くともちろんプロ感は出ないし(実施済み・失敗済み)、わたしは気にしいなので友達にお願いして時間を奪うの申し訳ないなと思ってしまうし、顔写真は正直使いたくありません。

なんと言っても、描いてもらったアイコンの使い道の多さに驚きました。

・Twitterのアイコン(今は諸事情により違いますが)
・Instagramのアイコン
・GmailやGoogleアカウントのアバター
・LINEのアイコン

などなど、意外にアイコンを設定しなきゃいけないものってあるんだなあと。

いちいち変えるのも面倒だし、どの写真にしようかなあと悩む時間、けっこうムダな気がします。
顔があまり変わらないうちは(笑)、ずっとこのアイコンを使い続けようと思います。

アイハラさんにアイコンを依頼したい方へ

方法
アイハラさんのブログの依頼ページにある申し込みフォームに必要事項を記入し、送信

②あとはアイハラさんとの個人のやりとりになります(ちなみにわたしの場合、依頼してから1日も経たずに完成品が送られてきました。笑)

アイハラさんのブログに、わたしがアイコンを描いてもらった際の感想が載っているのでのっけておきます👇

・ブログ:アイハラ独学工房
・Twitter:@aihara_labo
・YouTube:Aihara Yuki

ちなみに、宣伝してねとか一切言われていません。笑
勝手に宣伝しているだけなので勝手なこと言いますが、特にブログがおすすめです。
内容がとんでもなく役に立つのはもちろん、眺めているだけで幸せな気持ちになるデザインで本当に好き。

あんまり言うとサクラっぽくなるので、この辺で。
でもほんとうにオススメです(しつこい)。


おわり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます^^うれしい〜〜
9

みと

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。