営業力基礎講座

★vol.8★世代の違いでコミュニケーションがうまくいかないと思ったら?

こんにちは。
研修の仕事が集中して移動が多かった後はゆっくり家で休むようにしている、菊原です。

フリーランスで活動していると、様々な世代の人とお仕事をご一緒させていただく機会に恵まれます。20代の社会に出て間もない世代の方から、60代の退職後の第2の人生としてお仕事されている方まで、「フリーランス」という働き方が幅広い世代に浸透しているな、と感じています。

ただ、世代が大きく違うということは、育ってきた背景の社会環境も大きく違うということ。一緒に仕事をする上での考え方や価値基準も様々です。それがときとして、コミュニケーションの妨げになってしまうこともあります。

以前、コンサルティングさせていただいた管理職の方で、「若い部下とのコミュニケーションがうまくとれない」と、とても悩んでいる方がいました。昭和生まれと平成生まれの人では、その考え方が大きく異なりますが、最近では「平成一桁と二桁では人種が違う」といった話まであります。

とにかくその方は、若い部下との考え方の違いに苦しんでいました。ところが、しばらくしてから、この方は部下との関係を一変させます。「最近、うまく行くようになりましてね」と報告がきたのです。

この方が、部下との関係を劇的に改善させた方法は、とても単純なものです。「話しかけられたら作業の手を止めて、部下の方を向くようにした」こと。たったそれだけのことで、部下との関係が変わるものだろうか?と疑問に思われるかもしれません。

ここには、人付き合いにおける大きなヒントが隠されています。それは、年齢がいくつ離れていたとしても「俺たち人種が違うからなぁ」などと、別の生き物のように扱わないことです。

いくつ離れていても「人と人との付き合い」であることには変わりません。やはり、大切なのは基本的なコミュニケーションのスキルなのです。

「気持ちよく挨拶をする」「はっきり返事をする」「相手の話をよく聞く」など、子供の頃、親や学校の先生から教えてもらったようなことで十分なのです。それが、20代の若者でも、80代のお年寄りでも、基本のコミュニケーションなのです。基本的なコミュニケーションのスキルは「同じ」だ、ということを忘れないようにしましょう。

たとえ世代が違っても、余計な固定観念を捨ててしっかり向き合えば、スムーズに付き合うことができるようになるのです。

↓3分講座は動画でもご覧いただけます。


「フリーランスのためのお役立ち情報」をTwitterでも流しています。
よろしければ、こちらもフォローしてご活用ください!
  ↓↓↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご覧いただいてありがとうございます。フリーランスの一番の悩みでもある「どうやって仕事をとってくるのか?」についての営業ワークショップを、ぜひ開催したいと考えております。もしご支援いただけるようであれば、その開催費用に使わせていただきます。よろしくお願い致します。

ありがとうございます!お役に立てばうれしいです!
2

菊原智明@フリーランスのための営業力講座

「フリーランスで活躍するなんて自分には無理かも……」そう思っていませんか?「人脈がない」「人付き合いが下手」「実績がない」そんな人でも大丈夫です!フリーランスとしての仕事の基礎力をしっかり鍛えられる講座をご用意しました!「仕事の売込み」や「新規仕事獲得」にも役立ちます。

無料講座 フリーランスのための営業力基礎講座〜テキスト編〜

フリーランスが知っておくべき基本の基本。1ノート3分で読めます。すべて読み放題の完全無料講座です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。