朝起きてからの3時間でやるべき仕事

あなたが、朝仕事を始めるときに最初にすることは何でしょうか? 朝は仕事の作業効率が非常に高いということをご存知の方は多いと思います。しかし、多くの方がそれを知っているのにもかかわらず、朝の時間を最大限に活用できていないと私は思っています。ここで私が言っている朝の時間帯というのは、具体的には6時〜9時の3時間を指しています。この時間帯を私は、1日のうちで最も貴重な「プラチナ時間」と呼んでいます。この「プラチナ時間」を最大限に活用するためには、この時間帯に適している仕事の種類をしっかりと把握しておくことです。貴重な時間を知らず知らずのうちに無駄に使わないように、ぜひ覚えておいてください。

■頭を使う仕事はすべて「プラチナ時間」にやる

「プラチナ時間」にやるべき仕事として最も適しているのが、ズバリ「頭を使う仕事」です。つまり、考えること。企画書や提案書を作ったり、執筆やデザインなどのようなクリエイティブな作業もこの時間が最も適しています。

朝は何かとバタバタしているので、落ち着いてゆっくり考えることができない、という方がいらっしゃるかもしれません。実際に、執筆やデザインなどのクリエイティブな作業は、深夜にたっぷりと時間をとってやっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし私は、基本的に頭を使う仕事を夜に回すことはおすすめしません。その理由は2つあります。

1つは、脳が睡眠によって十分な休息をとったすぐ後の朝の時間帯は、頭を使う仕事には最適の状態なのです。これが、昼→夕方→夜と、起きている時間が長くなるにつれて、脳が疲労して頭の回転はどんどん悪くなっていきます。1日中、いろいろなことを考えたり、人と話をしたり、情報収集をしたりして、脳が疲労を抱えた状態で頭を使う仕事をすることは、私はおすすめしません。効率も悪いですし、ミスも起こりやすいからです。

そしてもう1つは、夜は時間がたっぷりあるように錯覚してしまうことです。朝は、これから1日が始まるときです。後ろになんの予定がなかったとしても、自然と「タイムリミット」を感じることができるものです。ダラダラと無駄に1つの仕事に時間をかけてしまうようなことには、なりにくいのです。「タイムリミット」を感じられるということは、それだけ集中力も上がるということです。それが感じられない夜は、やはり仕事の効率は悪くなる傾向にあります。

作業効率のいい朝の時間帯に、ほとんど頭を使わずにできる仕事をしていませんか? 一見「仕事がはかどったなあ」と感じるかもしれませんが、考えなくてもできるような作業は、他の時間帯に回しても作業効率はそれほど大きくは変わりません。しかし、「頭を使う仕事」は他の時間帯に仕事を回してしまうと、朝に比べて格段に作業効率が下がってしまうのです。そのことをぜひ覚えておいてください。

「プラチナ時間」にまずやるべきは「頭を使う仕事」なのです。

■無理なお願いは「プラチナ時間」が最も通りやすい

そしてもう1つ、少し「裏技」的な朝の時間の使い方があります。それは「プラチナ時間」にお願いをすると無理な依頼も通りやすい、ということです。これは私が、長年の営業マン経験から手に入れた、裏技中の裏技です。

営業マンの仕事だけではなくどんな仕事でもそうだと思いますが、緊急の案件というものがときどき発生して、仕事が計画通りに進まないことが起こります。ときには、周りの人に無理なお願いをしなくてはならない場合もあるでしょう。大至急の変更、突然の依頼、こういったことを一番相手に受け入れてもらいやすいタイミングは、私の経験上「プラチナ時間」である確率が非常に高いです。

最初に申し上げた通り、「プラチナ時間」というのは具体的に朝の6時〜9時の時間帯のことです。普通の人はまだ仕事を始めていない時間です。その人が、今日の仕事をやり始める前なのです。人によっては、朝その日1日の仕事のスケジュールを決めるという方もいます。それを決める前に、自分の「無理なお願い」を相手に伝えれば、その日の仕事の中にあなたの大至急のお願いや突然のお願いを組み込んでもらえる可能性が高いのです。

これが仕事がすでに始まってしまった昼間の時間帯や、もう1日の仕事が終わろうとしている夕方の時間帯、もしくは1日の仕事がまだ終わらずに頑張っている状況の夜の時間帯だったら、あなたが「無理なお願い」をしたところで、なかなか受け入れてはもらえないでしょう。

もし、誰かに何か無理なお願いをしなければならないとなった場合は、なるべく「プラチナ時間」のタイミングで相手に伝えるようにしてみてください。私の知る限りでは、一番成功率が高いですよ。

■朝の時間帯の無駄遣いになる行為

ここまでお話ししたことを簡単に整理すると、

「プラチナ時間」にやるべき仕事は「頭を使う仕事」

です。
そして、「プラチナ時間」の使い方の裏技として

「プラチナ時間」は無理なお願いが通りやすい

ということがあります。

この2つさえ覚えておけば、あなたは「プラチナ時間」を最大限に活用できるようになるはずです。

そしてここで、さらにもう1つだけお伝えしておかなければならない重要なことがあります。

先ほどもご説明した通り、「プラチナ時間」に頭を使わずに考えなくてもできる仕事をすることは時間の無駄遣いになってしまいます。そしてもう1つ、この「プラチナ時間」の無駄遣いになってしまう、多くの方がやってしまいがちなことがあります。

それは「プラチナ時間」に「やることリストの作成」をすることです。

最初に「あなたが、朝仕事を始めるときに最初にすることは何でしょうか?」と伺いましたが、これが「やることリストの作成」だという方は、意外に多いのではないかと思います。実は、私も以前は「やることリストの作成」は朝にやっていました。しかし、どんな人でも、朝起きてすぐにエンジンがかからない日、というのがあるものです。そんなとき、朝起きてやることが決まっていないという状況は、1日のいいスタートを切るきっかけを失ってしまうのです。

私は「やることリストの作成」は、夜の寝る前に行うことをすすめています。すると、朝起きてすぐにやることが決まっているので、仕事に向かいやすいですし、朝の貴重な時間を本来の仕事時間ではなく「やることリストの作成」に奪われることもなくなります。

その日1日の中でやらなければならない仕事のうち、頭を使って考えなければならないようなものは、できる限り早い時間に終わらせることを考えてみてください。「やることリスト」を作っている方は、リストの優先順位をとにかく前に繰り上げて最優先にする習慣をつけましょう。そうすることで、仕事の効率アップがはかれるだけではなく、仕事の質も上がっていきます。1日のうちで最も貴重な「プラチナ時間」を最大限に活用できるようになってください。

<次回予告>
最後までお読みいただいて、ありがとうございました。次回は、本日お話しした「プラチナ時間」終了後から昼前までの午前中の時間帯について、最大限に活用する方法をお話ししたいと思います。次回もどうぞご覧ください。


編集・制作 一筆 ~single stroke~
 *HP:https://hitofudess.wixsite.com/
 *note:https://note.mu/hitofude_ss
 *Twitter:@hitofude_ss
 *mail:hitofude.ss@gmail.com

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご覧いただいてありがとうございます。フリーランスの一番の悩みでもある「どうやって仕事をとってくるのか?」についての営業ワークショップを、ぜひ開催したいと考えております。もしご支援いただけるようであれば、その開催費用に使わせていただきます。よろしくお願い致します。

ありがとうございます!また次回もぜひ読みにきてください!
6

菊原智明@フリーランスのための営業力講座

「フリーランスで活躍するなんて自分には無理かも……」そう思っていませんか?「人脈がない」「人付き合いが下手」「実績がない」そんな人でも大丈夫です!フリーランスとしての仕事の基礎力をしっかり鍛えられる講座をご用意しました!「仕事の売込み」や「新規仕事獲得」にも役立ちます。

たった一人で勝つ方法 稼げるフリーランスの仕事術「時間術編」

【〜9/30期間限定無料講座】フリーへの一歩を踏み出したい方、一歩を踏み出したばかりの方向けの講座です。期間終了後マガジンは削除されますのでご注意ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。