11のルール

悪魔主義者(悪魔崇拝)と聞いて何を想像する?

教会燃やす奴らをイメージする人もいるだろうし、関◯夫みたいな信じるか信じないかをこちら側に託されるようなイメージを抱く人もいるだろうし、もちろん、なにそれ?宗教?怖い。みたいなざっくりしたイメージを持つ人もいるはず。


最近、歳のせいか「幸せとは何か」と考えることが多い。

幸せの定義は人それぞれ全然違うものだし、正解なんてない。どうしたら幸せに生きれるのか、そんなことを考えていた時に読んだ下の2つの記事のクロスする部分に気付いた。


ひろゆき
 - 僕アメリカの大学に行ってたことがあるんですけど、そのときに「欲望」に関する授業があったんですね。まず、「美人になりたい」とか「お金持ちになりたい」とか、いろんな欲望がホワイトボードに貼られていきます。そして1人100ドルぐらい渡されて、そのなかからオークション形式で自分が一番大事だと思う価値観を手に入れていくんです。もちろん「美人になりたい」「お金持ちになりたい」に手を挙げる人もチラホラいるんですけど、だいたい3分の1くらいの人は「神様と平和に暮らしたい」にほぼ全額を突っ込むんですよ。



若林
 - 戦後ずっと、日本人って豊かな生活を目指して生きてきたと思うんです。でも、バブルが弾けてから、ずっと何を信じていいか分からない、人生のベースがない状態が続いてきた。それで、ベースがないまま、誰が正しい、何が正しいってマウンティングが盛り上がっちゃった。信仰心も薄い国で、考えの芯になるものが未だにないから、生きていていつも大変だと思うんですよ。自分の意志だけを信じて生きていくって、まぁ難しいですからね。


もしかしたら信仰心がない事はお金がない事ぐらい困った問題なんじゃないか?

間違いなく、幸せ=信仰だとしか考えられない。

誰だか忘れたけど、儲かってそうなクリスチャンのラッパーが金より神を大切にすることで、心を豊かにし、余裕を持って生きるていると言ってた事を思い出した。

しかしながら、かくいう俺も家の宗教が何なのかすらわからないし、昔、祖母を亡くした時に宗教が無いとかで葬式をどう執り行うのかとかなんか大変そうだった記憶がうーっすらある。

天使にラブソングをみたいにゴスペルを歌いながら神様に感謝!!みたいなの素敵だなーと思うけれど、


じゃあ早速信仰する宗教を決めてみようか!

と言ったところで、いきなり特定の宗教を信仰するなんて、聞いたことも無いようなメニューの中からメシを選ぶぐらいハードルが高い。


そんなあなたに、とっておきのヤツをご紹介します。

特定の宗教を信じる。とまでいかなくとも、ダイエットみたいに自分にルールを課して、日々そのルールに則って生きる。これならそこまでハードルは高くないはず。

それが

悪魔主義者(サタニスト)

どんなイメージを持ったかはさておき、俺自身自称サタニストでここ数年生きているけれど、教会を燃やしたことも、こどもを生贄にしたことも無い。

正直そんな詳しくないし、深く掘り下げたらキリが無いし、既存の宗教に対するカウンター的なものであるとか、個人の考え方もあるからそこは完全スルーで。

ただ、数年前に色々と悩んでいた時期に友達から教わった
「地上における悪魔の11のルール」
を見た瞬間、コレだ!!となった。

1.求められなければ、自分の意見や助言を与えないこと。

2.聞きたがる人でなければ、自分のトラブルについて話さないこと。

3.他人の巣穴に入ったら敬意を表すこと、さもなければ出ていくこと。

4.自分の巣穴でうるさい客は、情け容赦なく扱え。

5.交尾を認めるシグナルがなければセックスを進めてはならない。

6.自分のものでないものを奪ってはならない。さもないと、他人に重荷を負わせ、助けを求める悲鳴を上げさせることになる。

7.魔術で願いが叶えば、その力を認めること。成功したにもかからわず魔術の力を否定すると、得たものを全て失うことになる。

8.自分に関係ないものに対して、不満を並べてはならない。

9.小さな子どもを傷つけてはならない。

10.人間でない動物を殺してはならない。ただし、襲われたり、食用にしたりする場合はこの限りではない。

11.公共の場を歩く時は、他人をわずわらせてはならない。他人をわずらわされたら、やめるよう要求し、やめなければ攻撃せよ。 

お気付きだろうか。あれ?意外と普通なこと言ってるし教会燃やしてないこどもを生贄にしてない!!!!むしろ逆のことばかりが。。


たまたま俺は音楽のメタルとかそういうカルチャーが好きで、抵抗なくサタニストというワードを受け入れることが出来た。



もし自分がギャルだったら、サタニスト?何それヤバ谷園!!みたいな感じでそもそも興味の対象ではなかったと思う。
いつも思うけど、ものごとの本質なんて蓋を開けるまで、もしくは蓋を開けてみてもわからないことだらけ。
リスクが伴わない限りは好奇心が正義だと思う。


自分のアタマで考えるというのが大前提のこの11のルール。あえて言及しないことにするけど、ざっくり一言で言い表すなら

「リスペクト」

の一言に尽きる。


このルールを知って良かったのは、何かものごとを考える時に、基準みたいなものがあればそれなりに助かるということ。それ以上でもそれ以下でもない。

あとはバフォメットかっこいい!とか、666って数字の並びが何だか素敵だと思っていればいい。自分自身そうだから。
反キリストではないし、誰も傷つけず、何かしら、誰かしらの救いとか指標になればいいんだと解釈してる。


深い意図はわからないけど、これを教えてくれたサタニストの友達的には、自分がサタニストだと他言するのがイケてないことだとキツく言われてきたので言わなかったけど今こそこれじゃね?と思ったので共有しておこうと思った。

誰しもサタニストに拘らず、自分が信じたいものを信じて、うまいメシ食って好きな音楽聞いて幸せに生きてほしいです。

信じるか信じないかはアナタ次第です。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

足湯で疲れをfoot bath
1

YAKIMURA

スニーカーと音楽とチャリとかスケートとかアメコミとかサタニスト ビートメイカーhttps://soundcloud.com/dloze
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。