男の着物は簡単だ!鴨川生着替え

男の着物は簡単だ!というわけで、鴨川の河川敷で生着替えしたのがこちら。2013年2月。懐かしい。

これ、「男の着物がどれだけ簡単か分かってもらう」という目的でやったことなのですが、実は僕が初めて着物を着て出かけたときはこんなスタイルでした。着物を着はじめたころってどうしても「着崩れたらどうしよう」という不安がつきまといますが、これなら、出かけた先で着崩れても着物脱いで帰ったらいいや、と開き直れるので安心。オススメです。

鴨川生着替え本編はこちらから↓

タートルネックにスキニージーンズ、ブーツからスタート。じゅばんは着ません。

まずは着物を羽織ります。これは古着屋で買ったウールの着物、1000円ほど。

身頃(着物の前の部分)を合わせます。

帯を胴に巻き付けます。このとき、自分がくるくる回るとらくちん。ただし、早く回ると目も回るので注意。

帯が巻けたら、締めます。僕は背中で締めますが、前で締めて後ろに回してもOK。

「片ばさみ」完成。

小物入れとして、シザーバッグを腰に付けます。和服にも洋服にも使えるので重宝します。

ポンチョを羽織って、ここまでで約3分。慣れるとこんなもんです。

キメのどや顔。

これからの季節、こんな着物の着方はいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

コメント2件

ブーツはどこのメーカーや購入した場所を教えてください。
特にどこのブランドでもない、「サイドゴアブーツ」という種類のものです。一般的な靴屋にあると思いますよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。