見出し画像

JAZZという名前のりんご

テニスボールくらいの、小振りのりんごです。

名前は、JAZZ。

まさかそれが由来でもないでしょうけれども、茨木のり子の詩『わたしが一番きれいだったとき』には、ジャズという甘い音楽をむさぼった、というような描写がありました。

そういえば、アメリカとの戦争に敗けた日本で初めてのヒット曲が、サトウ・ハチロー作詞、万城目正(まんじょうめ・ただし)作曲の『りんごの唄』だったと言います。

リンゴの唄を歌った人は、赤いリンゴに唇を寄せて、青い空になにを見ていたのかな。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキひとつじゃ足りないっていう気持ちになることがもしあったら、考えてみていただけると、とてもわかりやすくてうれしいです。

しあわせです(*vv*)
26

きむらしんいち

いろいろ好奇心。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。