カテゴリとタグの設計パターン例【実践編】

SEO対策で重要なサイト構造を考えるときに、同時に定義や運用方針を決める必要のある「カテゴリ」と「タグ」。カテゴリとタグは、Web運営初心者にとっては設計や運用が難しいもの。

このページでは、カテゴリとタグの設計方法、設計パターン、設計例を紹介していきます。このページの設計パターンを学ぶことで、SEOに強く、ユーザーの回遊率の高いサイト設計が行えるようになります。図をつけて解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

「カテゴリとタグの違い」についての記事を読んでいない方は、まずはこちらをお読みください。
ページ:カテゴリとタグの役割の違い

この記事の目次

●カテゴリの設計パターン
 ・パターン1
 ・パターン2
●タグの設計パターン
 ・パターン1
 ・パターン2
●カテゴリとタグの設計例2つ
✅この記事を無料で読む方法
このnoteは300円で有料設定していますが、LINE@に登録いただくと無料で読めます。

1️⃣LINE@に登録
 https://line.me/R/ti/p/%40bkh9474p
2️⃣「カテゴリ」と書き込む
3️⃣自動で返信されるメッセージにあるnoteのリンクを開く

LINE@では普段Twitterで呟いてない競合サイトの動向を配信しています。

この続きをみるには

この続き:2,275文字/画像6枚

カテゴリとタグの設計パターン例【実践編】

金田[ ●▲●]亘生

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

SEOノート

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。