滞留

循環を忘れた湖の底には、無酸素からつくりだされた有毒と無害がある。

堆積された年縞は美しく、しかし公をみない。

底を浚うことなかれ。
知るが凡てではない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

首のないことを選んだニケ

解離

コメント11件

よくわかったな!
今、その免許とるか悩んでた(笑)
(やっぱり……www)
文明開化の音は、爆破音だった。
そんなぁ……www
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。