片道切符だった、宇宙で死んだ犬の話

半世紀以上前のこと、『ライカ』と呼ばれる一匹のメス犬が人類の手によって宇宙へと打ち上げられた。ライカは宇宙を初めて飛行した”生物”であるが、その光の裏には壮絶な物語が隠されていた。光と闇というものは、やはり表裏一体なのであろうか。

何か目立つ物を打ち上げてくれないかね…

1957年10月4日、ソ連が人類初となる人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功し、世界中が新時代の幕開けに歓喜した。一夜明け、当時ソ連を率いていた共産党第一書記ニキータ・フルシチョフは一仕事を終えて休暇に出ていたソビエト連邦最初期のロケット開発指導者セルゲイ・コロリョフを呼び出した。そして、フルシチョフはコロリョフにこう言った。

『革命記念日までに何か目立つ物を打ち上げてくれないかね』

革命記念日までは1カ月を切っていた。しかし、第一書記の頼みを断るわけにはいかない。コロリョフはしばしの検討の後、フルシチョフの頼みを引き受けた。そして、犬を乗せることを確約したのだ。コロリョフはすぐに保養地に出かけた開発チームにかえってくるよう命令を下した。数日後、飛ぶようにかえってきた開発チームに向かって、コロリョフはこう伝えた。

『これから革命記念日までに、もう一機衛星を打ち上げる。衛星には、犬を乗せる。』

それまで休みなしで働いていた設計局のメンバー達。休暇を打ち切られ、始めに聞いた言葉がそれだった。残り1カ月もない時間、さらには犬を打ち上げるといった計画に困惑した者も多かったに違いない。コロリョフは続けた。

『これはフルシチョフ第一書記から直々に受けた命令だ。もちろん時間がないことも分かっている。公式ドキュメントなど書いている余裕はない。そこで、今後は私の指示に従ってほしい。』

特に宇宙開発は綿密な打ち合わせのもと行うべきである繊細な領域である。しかし、彼らには時間がなかった。図面が出来上がると、すぐさま作業工房に持ち込まれ、工作部隊が製作を開始するという急ピッチの作業が行われた。公式会議も文章も存在しない、フルシチョフの口約束のもと進められたのである。

宇宙へと旅立つ『犬』の選出

この続きをみるには

この続き:3,911文字/画像3枚

片道切符だった、宇宙で死んだ犬の話

気になる宇宙

240円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

気になる宇宙の今後の活動資金とさせて頂きますので、よければサポートお願いします。。。

30
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。