差別主義者はニコニコへ帰れ!! ネトウヨの楽園が待ってるよ!

【6月21日追記】
本記事のタイトルには当初「ネトウヨ帰還事業のお知らせ」という副題がありました。差別主義者がいわゆる「朝鮮民主主義人民共和国への帰国事業」を引き合いに出して排斥を煽るのをそのままひっくり返す意図のものでしたが、「帰国事業」が遺したさまざまな爪あと、およびそもそもの原因である大日本帝国による植民地支配の歴史的事実を鑑みると、思慮に欠ける副題でした。タイトルを変更するとともに、読者のみなさまにお詫び申し上げます。

YouTubeでヘイト動画を配信しているアカウントを通報して抹消に追い込む「ネトウヨ春(夏)のBAN祭り」や、ヘイトまとめサイトのアフィリエイト広告を剥がして丸裸にする「#ネトウヨサイト裸祭り」が継続していますが、ごく一部に「ニコニコ動画・生放送のヘイト配信にも対策が必要ではないか」という声もあるようです。

しかしネットの反応は冷ややかなものが多いようですね。

「あそこはネトウヨの隔離場所でいい」
「廃棄物処分場も必要」
「動画プラットフォームとして余命三年くらいだろうから放置でいい」

といった意見が主流のもようです。

わたしもまったく同意見で、とりあえずネトウヨはニコニコに廃棄でいいと思っています。あそこは処分場として実にちょうど良さそうなので。

「いや、いくらニコニコであってもヘイトは許しちゃいかんだろ!」という意見はわたしもわかるんですが、ニコニコの場合はどうしようもないんです。YouTubeと違って、ニコニコには差別禁止規定が存在しないんです。

いや、正確に言うと、ニコニコは利用規約にかつて存在した差別禁止の文言をわざわざ削除しております

旧「ニコニコ動画利用規約」の「3. 禁止事項」では、

差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関する表現行為

と明記されていたんですが、2014年8月にニワンゴの各サービスの規約が「niconico利用規約」に集約された際に、この差別禁止規約がまるまる削除されているんですよね。

【訂正】archive.org で確認したところ、差別禁止規定の削除は2015年9月~11月の間に行われたようです。お詫びして訂正します。

YouTubeを始めとしたグローバルなプラットフォームが世界のユーザーの要望を受けてヘイト規制をどんどん強めているのとまったく逆行して、この人権三等国の恥さらし企業が運営する動画置場は「ぜひうちをゴミ溜めに使ってください!」と言わんばかりの動きをしているわけです。

ならば、ありがたくネトウヨ最終処分場として使わせていただきましょうよ。

そもそもニコニコ動画・生放送って、ヤフコメなんかと並ぶネトウヨの発生源だったわけでしょう。ニコニコだけでやっていればよかったものを、外の世界に這い出てきてしまったために世界が迷惑しているわけです。

ネトウヨは馬鹿だからまだわかっていないようですが、YouTubeからヘイト動画が大量に削除されているのは「反日左翼の陰謀」でもなんでもなくて、差別を禁止しているYouTubeの利用規約に違反しているからです。ただそれだけ。

ありがたいことに古巣のニコニコが「うちは差別OK!」と言ってくれてるんだから、ネトウヨはそっちにおとなしく帰ればいいんです。あそこなら運営も含めて誰からも文句を言われないんだから。

ゴミウヨが何か言ってきたら「差別主義者はニコニコに帰れ!!」だけでいいと思いますよ。ゴミはゴミ箱へ、ネトウヨはニコニコへ。これでいいんです。

【続編】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

木野寿紀

「実録・しばき隊」便乗シリーズ

日本のレイシズムとヘイトスピーチに関しての話題
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。