見出し画像

あえて表現しない、という表現。 思索メモ #15

あえて表現しないという表現。


それは映像、音楽、絵や文章でも共通してあると思う。

イラストで、見た者になにか特定のイメージを持たせてしまうような部分をあえて描かないことや、文章で行間を読ませること。小説で、あえて事柄をハッキリと書かないことで想像させることもそう。


表現せず表現することは、受け手となる聴衆や観客、読者を信じることでできるし、共通認識があってこそできることかもしれない。

人それぞれの受け取り方をしてもらうために、相手の個性に委ねて、固定したイメージを持ってほしくないという場合もある。


明示しない表現には、受け手との暗黙の呼吸がある。

目に見える反響だけでなく、受け手と発信者の間の見えない呼吸。

それを感じ取れないとできない。



ライター 金藤良秀(かねふじ よしひで)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

大当たりです!強運ですね!
7

金藤 良秀 ライター

フリーライター。取材、WEB、雑誌、ライティング代行、文章ゼミ。お仕事はDMかyk.2030.sgi@gmail.comへ。ミスチルをこよなく愛し、素材研究、建築、インテリアが好きな甘党です。note ☞ note.mu/kinto2030

思索メモ

日常のなんてことのない思索をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。