見出し画像

思索メモ #07 不慣れで違和感のあることに意味がある

言葉の自由な人は自由に空を飛ぶように、意のままに言葉を使うことができてしまう。

それはたくさんの言葉を「知っている」から?

それ以上に、知った言葉を “不慣れながらも” 使ってきたから。

「知った言葉を使いたい」

それは自然な気持ちの発露だと思う。それを “不慣れながらも” 使うから、だんだんと使えるようになっていく。

慣れないうちは違和感を覚える。でもその「違和感」を大事にしたほうがいい。むしろ積極的に違和感を取りにいったほうがいい。

*   *   *

たとえば演劇でもそう。名俳優・名女優と呼ばれる役者は皆、あらゆる人間の表情やしぐさを演じなければならないのに、その演じ方をよく知っている。

それは、それまでの役者人生で普段の自分なら絶対にしないような、しぐさや振る舞い、言動、表情に至るまでを、不慣れながらも、演じたり考えたりした経験があるからこそできる芸当だ。

その役どころを自分なりに使ってきたから。

*   *   *

書くことも同様。たくさんの “違和” を覚えた人は、誰より厚い言葉の層をつくる。

普段使っているような単語、言い回し、表現、語調だけでは知りえない言葉の微細な感覚を、人が変わったかのように演じていかないと、知り得ないし決して広がらない幅がある。




ライター 金藤良秀(かねふじ よしひで)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

うれしいです!このあともきっと楽しい時間を!
7

金藤 良秀 ライター

フリーライター。取材、WEB、雑誌、ライティング代行、文章ゼミ。お仕事はDMかyk.2030.sgi@gmail.comへ。ミスチルをこよなく愛し、素材研究、建築、インテリアが好きな甘党です。note ☞ note.mu/kinto2030

思索メモ

日常のなんてことのない思索をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。