見出し画像

思索メモ #3

ビデオに録った『風立ちぬ』を見ながら、実家で母さんと話していたことを思い出した。

『風立ちぬ』は堀辰雄による、あの零戦をつくった堀越二郎の物語。

絵は自然豊かに、当時の町や人々の描写も細かく美しい。

ビデオに録った『風立ちぬ』を見ながら母さんが言った。

「この物語も、つくるのにものすごい取材をしたんだろうね」

「取材?」ぼくはハッとした。

物語は、幾度もの深い取材からできている。それが土台となって物語ができる。取材がすべてだ。

人物の心象描写、場の空気感。

深い取材がなければ完成し得ない。

それを本当にし抜いたときに、物語になる。映画になる。ドラマになる。小説になる。

母はそう言った。

*   *   *

知らなければ本当のことは何も書けない。当たり前だけど本質だと思う。

取材をとおして物語ができたとき、その人の生きた史実ができる。

訊き、書き、伝える。ぼくの仕事はそれができる。底知れない力がある。

世に顕在化していない世界が見たい。できることなら、それを世の中に見てほしい。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき本当にありがとうございます。

笑顔になります!ありがとう!
4

金藤 良秀 ライター

フリーライター。取材、WEB、雑誌、ライティング代行、文章ゼミ。お仕事はDMかyk.2030.sgi@gmail.comへ。ミスチルをこよなく愛し、素材研究、建築、インテリアが好きな甘党です。note ☞ note.mu/kinto2030

言葉と文章

言葉と文章について考えたことを載せていきます。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。