災害が起きる前にできること。

南三陸で出会った人たちから教えてもらったことを、もっと多くの人に知ってほしい。

2014年2月14日。

バレンタインデーのこの日、胸あたりまで積もった雪が山梨県を襲いました。家から出ることすらままならない状態。高速道路や鉄道は止まり、陸の孤島となってしまいました。

記録的大雪から約2年。
そして東日本大震災からもうすぐ5年。

あの頃の記憶がだんだん薄れていく中で、忘れてはいけないことがあるんじゃないか。今のうちにやっておかなければならないことがあるんじゃないか。
そんな思いで開催されたイベントのレポートです。

「女性が自らをいかし、元気に活躍できる」社会を目指して、東日本大震災の被害が大きかった宮城県南三陸町で活動されている特定非営利活動法人ウィメンズアイ栗林美知子さんにお越しいただきました。

栗林 美知子(くりばやし みちこ)さん
特定非営利活動法人ウィメンズアイ事務局長
ワークショップデザイナー育成プログラム12期修了
東日本大震災後に三陸沿岸部の災害ボランティアに参加したことをきっかけに、現在は宮城県本吉郡南三陸町にて女性たちが地域や社会につながる場づくりや、関東などで被災地の学びを活かした防災ワークショップを開催している。

いつも持ち歩いてほしい。
持っていないと不安になるくらい。

栗林さんをお呼びして行ったのが「ライフポーチづくり」です。
通勤・通学や休日のお出かけ時にも、普段持ち歩くカバンにプラスする、非常時対応グッズをつめこんだコンパクトなポーチをつくりました。

自分の家の周辺の避難所はわかるけど、外出先での避難所はわからない人が多いんじゃないかと思います。
でも、いつどこで災害に巻き込まれるかわからない。
だからこそ自分の命を守るライフポーチをいつも持ち歩いてほしい。

いつも持ち歩くためのライフポーチをつくるために、まず「自分にとって何が大切なのか?」を考えました。

「ヘッドライト」「小銭」「お守り」などの絵が描かれたカードを使い、自分のライフポーチに入れたいものを考えていきます。なかには「ヘラクレスオオカブト」というカードも!

自分が必要だと思ったものと、隣の人が必要だと思ったものは当然違います。人によって考え方が違うことに気づくのも、このワークショップの面白さです。

自分にとって大切なものを選んだ後は、実際にそれをポーチの中に入れてみて重さを実感します。かなり厳選したつもりでも、ポーチに入れてみると多すぎて入らなかったり、重すぎて持つ気にならなかったりします。

このくらいの重さだったらカバンのなかに入れられそう!
そう思えることがとても大切なんです。

個人のライフポーチが完成した後は、栗林さんが南三陸の人たちから学んだことを話してくれました。
両手が空くヘッドライトが役に立つこと。
スーパーのレジ袋はものを入れるだけじゃなく、靴が濡れないように活用することができること。
テレビや新聞では報道されない、あの時行われていた知恵と工夫。
現地の人からの生の声を届けてくれる栗林さんのお話から、多くのことを学ぶことができました。

災害の時、自分のお気に入りのものを手に入れるまでは相当な時間が掛かる。だからこそライフポーチの中には、自分の大好きなものを入れておくんです。

大好きなお菓子、大好きな匂い。
不安で不安でたまらない災害中の生活だからこそ、自分が落ち着くアイテムをいつも持っていることが大切なんです。

災害中じゃない今だから備えることができる。

ライフポーチづくりの後は、避難生活で欠かせない非常食を実際に作って試食しました。今回は黒みつきな粉もちとチョコパンのふたつを、参加者の皆さんで作ってみました。

非常食と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか?
家の中に保存してあるけど、実際に食べたことはないという人も多いんじゃないかと思います。

災害が起きた時だけではなく、キャンプの時などに非常食を実際に作って食べてみてほしいという栗林さん。
災害が起きた時は、電気もつかず真っ暗なところで非常食を食べることが予想されます。そんな状況の中で初めて非常食を作るのは不安。不安だらけの日々の中で、非常食の作り方を知っているというのが大きな安心につながるんだそうです。

「意外と美味しいんですね。」「こんなに簡単に作れるんだ。」
参加者の皆さんからは、このような感想を聞くことができました。

これが役に立つよ。これが必要だよ。
それを考えたり教えてもらったりできるのは
今、災害が起きている最中じゃないから。

”今”できることがある。
”今”じゃなきゃできないこともある。

南三陸で教えてもらったことを、少しでも多くの人に伝えたい。
参加者の皆さんに真剣な眼差しで「備えること」の大切さを伝える栗林さんの紡ぐ言葉が、私たちの心に突き刺さりました。

---------------------------------------------
【イベント開催要項】 

防災ワークショップ
「携行する防災グッズ・ライフポーチをつくろう」
@山梨
[日時]2016年2月19日(金)18:30~20:30
[場所]山梨県生涯学習推進センター 交流室c

主催: NPO法人 bond place
---------------------------------------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

災害知恵袋

お役立ち情報まとめ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。