引き寄せを体感した出来事〜満点合格マーチ編〜

こんにちは!

桑原希美果です。

前回の続きのお話をしていきますね!

今のメイクのお仕事をする前。

税理士を志していた頃のお話しです。

簿記の試験で1問間違いをしたことが悔しかった私。

偶然読んでいたザ・シークレットの本に書いてある引き寄せを真似して

実験的に雨道で晴れることを想像してみたら

晴れた上に虹が出たことから、

次の試験は引き寄せを使って100点満点で合格してやる!

と決意します。

前回のお話はこちら▶︎https://note.mu/kirakiramake/n/n3491986ea146

次は2級の試験です。

次の目標は合格ではありません。

満点合格!笑

ザ・シークレットによると、

「叶えたい状況を5感を使ってイメージしましょう」が基本ルールです。

そこで、私は

「合格の日の合格通知を開く時」を詳しくイメージしてみました。


合格通知が届いた日。

私はいつもの玄関のポストで通知の封筒を確認します。(視覚)

ポストを確認する時間帯は昼前。

温かい陽気で昼間の明るい空気感を感じる日です。(触覚)

玄関に日差しが入っています。(視覚)

手に取った封筒は白い封筒で紙の臭いがかすかにします。(視覚)(嗅覚)(触覚)

封筒は白色ですが中が透けないようになっているので(視覚)

すぐに玄関でビリビリと封を開けてしまいます。(触覚)(聴覚)

開いた白い用紙には、「合格」の文字と、

表の中には今回の得点「100点」の数字が書かれています。(視覚)

私は嬉しくって達成感で胸がいっぱいになり、泣きながら玄関でガッツポーズをしてしまいます!(感情)(触覚)

あ〜本当に良かった!嬉しいな〜やれば出来るもんだなぁ〜。と幸せな気持ちになりました。(感情)


こんな感じで詳しくその時の状況・5感・感情を想像していきます。

ちなみに、これまで経験したことがないことで、

想像がつきにくいことは経験者にその時の状況をインタビューして聞くといい。

とも書いてありました。

今回は、3級合格で封筒の形も仕様も確認済だったのでインタビューなしで想像出来ました。


さて、引き寄せを学び始める時に

「イメージしたらもう勝手に願いが叶っちゃうんでしょ?!」と思われる方もいらしっしゃるかと思いますが、実際には違いました。

自然と私はやっていたのですが、

引き寄せたい状況に向かって行動することが重要になります。

「えーーー!じゃあなんのためのイメージングやねん!」

と思われるでしょうか?

私は、次に行動する為のイメージングなんじゃないかと思っています。

私の2級合格の例で言いますと、

待っているだけでは勉強していないので知識もなく、満点どころか不合格です(笑)

勉強(行動)することは必ず必要になってきます。


まずイメージングしてみて感じたことは、

身体の感覚がスッキリして心がいい状態になり、

「満点合格した時ってこんな感覚なのかも」

と合格した時の身体の感覚を先取りできたことでした。

今でこそ、後付けで引き寄せや心の勉強をして「感覚を先取りすることが重要」とわかりましたが、当時は本当に野性の勘・・(笑)

なんかそんな気がしたのです。


そこから、今の自分を考えてみたときに2級勉強前の知識0の今と

満点合格したであろう状態の身体の感覚では明らかに差があるように感じたのです。

「よし!なんかわからんけど、この身体の感覚に近づくように勉強してみよう!」

野生の勘で突き進んでみました。

ちなみに、この「感覚を先取りすることが重要」というのは、

自分のエネルギーを先に叶えたい状況に合わせておく。

ということです。

全てはエネルギーで出来ていて

出したエネルギーと同じものしか引き合わない。

という波長の法則というものがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、「引き寄せたいならいい感情でいましょうね」と言われるものと同じ感じ。

私はそれを意味はわからずともザ・シークレットを見て

イメージングという手法を使ってやっていたのだと思います。

アファメーションが効く人もいれば、

好きなことを日常で取り入れることでエネルギーを保つやり方など、色々と方法はあります。

あと、私は身体の感覚が「満点合格した時ってこんな感じかも」と感じましたが、

これは私が「触覚」が強いタイプの人間なので「感覚」で感じやすいからだと思います。

これも後付けで色々学んでいく中で、

人それぞれに優位な五感があり、そこを重点的に強化してイメージングなどを使うと引き寄せやすい。と言われていることがわかりました。

「視覚」が強い人は、イメージが自然と浮かぶかもしれません。

これも色々なパターンがあるようです。

さて、野生の勘で身体の感覚を頼りに勉強を始めることにしました。

イメージングしてみて次にわかったのが、

ゴール(満点合格)するためのはじめの一歩が自ずとわかる。

ということでした。

私がすべきことは、

・授業は勿論必ず出席

・授業後は必ず残って復習をすること

・定例試験には合格圏内の成績をとること

・わからないことがあれば必ず先生に尋ねること

でした。

これ、勉強するなら当たり前じゃね?ということばかりですが、

これをはずしたら多分満点合格は難しいだろうな。

という感じがしていました。

なので、必ずやりました。

必ずやれば満点合格出来ることがわかっていたからです。

当たり前のことではあるのですが、例えば授業後に残って復習する人数はその授業の受講者の3割くらいになってしまいます。

当たり前のことをやると必ずいい結果が待っている!

あの素敵な嬉しさが待っているんだ!という確信がないからだと思っていました。

その確信がないと、勉強することがただの苦しいやりたくないことになってしまうからです。

素敵な未来を想像することの重要性がうっすらとわかり始めてきました。

実際に勉強を進めてみると、

はじめの知識0の状態と比べて身体の感覚が、

あのイメージしていた合格した時の状況に近づいていっている感覚がしました。

ところが、ある地点に差し掛かると苦手な箇所が出て来て、

成績も下がり、身体の感覚が遠ざかったのです!

これには焦りました。

そんな時は、基本に返ってもう一度イメージしてみる。

身体の感覚を取り戻したら、今出来ることを考える。

「そうだ!先生に質問しにゆこう!」

質問をしに行くと、とても熱心な優しい先生だったので

苦手な箇所の練習問題を特別にくださいました。

お陰で苦手が晴れて、成績も取り戻し、また一つ身体の感覚が近づいていったのです。


ピンチの時には落ち着いてエネルギーを安定させ、

出来る一歩を踏み出す。そうするとナイスタイミングで

人に助けていただいたり、不思議な出来事が起こったり、

ちゃんと叶えたい未来に続くようなサポートが入る。

そんなことがあるようなんです。


さて、すっかり身体の感覚が近くなり、

しまいには校内の試験は満点しか採らなくなりました。

しっかり自信もついたので、迎えた試験当日。

私は楽しみでしかありませんでした。

試験会場に着席すると、周りの人は頭を抱えて必死に復習する人、緊張している人ばかり。

その中で恐らく私1人だけ、頭の中で自作の満点合格マーチが流れており、

「合格♪満点合格♪満点♪」とルンルン気分でニヤニヤしていました。

試験が始まると、どの問題もするする解けるので本当に楽しくって!

時間が余ってしまい、恐らく1時間近くは見直しを何回も繰り返し、

「これは満点合格に違いない・・うひょひょ。」

と確信を得ては再び満点合格マーチを脳内再生していました。(笑)


よく、オリンピックなどの選手のインタビューで、

試合や演技後に、最中はどんな気分でしたか?と聞かれているのに対し、

「リラックスして楽しめました!」

と答えられている方を見ては、絶対嘘やろ〜!信じられへん!

と私は思っていました。

その緊張感の中でリラックスして楽しむって有り得へん!と。

こんな小規模ではありますが、

あーあれってほんまにそうなんやろなぁ〜と感じました。

もうその状況を楽しめるくらいまで自信をつけて来てるし、

自分のエネルギーを高めてこれている。

(ちなみに、イメージングはスポーツの分野でも取り入れられることが多いそうです。)


結果は勿論満点合格♡

想像していた通りに晴れた昼前に合格通知を開き、

玄関でガッツポーズをしました(笑)

あーこれこれ、こうなるの知ってたわ〜。

そんな感じです。

すっかり長くなってしまいましたが、一連の流れで解説させていただきました。

なんとなく、掴めましたでしょうか??

次回はいよいよ税理士の試験に挑むお話です。

その前に色々解説いれたくなるかも?!

ゆる〜くお待ち頂けますと幸いです^^♡

本業の方のブログも良かったらチェックされてみてくださいね☆

▶︎https://ameblo.jp/mele1985







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい♡ありがとう!
3

桑原 希美果/引き寄せメイクで愛される!魂で繋がるパー...

愛されて幸せ!女性に生まれてよかった♡と思う女性を増やす為に、メイク・美容・マインドセットを通して魂で繋がるパートナーを引き寄せるレッスンを関西を中心に開催中♡お問い合わせ▶︎ https://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/18938
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。