見出し画像

象徴を読み解く力

占星術の象徴を読み解く力は日常のあらゆる場面で役に立つ。星を読む、本を読む、地図を読む、天気を読む、景気を読む、未来を読む、人を読む、これらに使われる能力は実はさほど変わらないというか、元を辿れば同じところに行き着く気がしていて、それを実生活の中で十年以上かけて、いろいろ試行錯誤して来た。

もうかれこれ、この仕事を始めて木星が一周した。あっという間だったような気もするし、まだまだこれからだという気持ちもあったり、宇宙の長い歴史や星たちの寿命を思うと、自分はまだミジンコにもなってないのか・・・と思ったりもする。

占うとか、鑑定するとか、コンサルテーション、カウンセリングなど、いろんな言葉で表現されるけど、やっぱり自分にいちばんしっくり来るのは星を「読む」という表現で、それ意外に自分がやっている行為に馴染む言葉が見つからない。 

もう一つ言えば、読むということは同時に読まれるということでもあって、私が誰かのチャートを読むとき、誰かに私自身を読まれているような感じもする。どんな行為も人を介せば、一方通行にはならないし、そこで双方が影響を受け合うのだと思う。

サン・テグジュペリの遺稿となった「城砦」の中に交換 échangeという思想が語られている。人間は何かの仕事に打ち込み、自分の全てをそれに献げることによって自分の命と交換するのだという。我を忘れて努力を積み重ねるうちに、いつしかその人の命を超える永続的な価値を持つものが生まれ、人は最期亡くなるときに「その両手は星で一杯なのだ」という。なんとも星好きにはたまらないエピソードだ。自分もこんな風にあれたらいいなと何度も思い返している。

星をとおして人とつながること・・・この貴重な時間をこれからもひとつひとつ丁寧に積み上げていきたい。

kirari_a_green のコピー

kirari 「星と旅する毎日」 http://kiraristar.net

バースチャートリーディング、星レッスンの詳細は上記のHPをご覧下さいませ。星からのメッセージが皆さまのお役に立てれば幸いです♬

Skype、WeChat、LINEでのリーディングも承っております。育児中、介護中などでお出かけがご不便な方や遠方にお住いの方もぜひ、ご利用くださいませ。ご予約心よりお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

kirari303

星と旅する毎日
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。