見出し画像

韓国との訣別から押される背中で向かう先

 私は韓国が嫌いだし、日韓関係・米韓関係はまったく専門外なので、なるだけ触らないようにしてきたんですよ。韓国企業と取引があったり、好きな韓国人たちがいても、韓国政府や韓国の情緒的なあれこれは嫌いです。

 別に好き嫌いの話だからヘイトスピーチではないので、誤解なきようにお願いしたいんですが。で、こんな話が。

 好きな韓国人はいるし、韓国企業とのお付き合いもあるから何ですが、こういうメンタリティは付き合い切れないなと思います。

 多方、日本人はある程度我慢する、我慢しているあいだは感情に出さない、平穏のように見える、でもある限界点がやってくると、突然激ギレして見境なくぶん殴る。そして、地位の低い日本人ほど激ギレする閾値は低く、まともな人もしばらくは我慢して穏便にやってるんだけど、エリートの日本人であろうともある一線を超えてナメて来たら絶対殺すモードに入るわけです。

 今回は、いままでまあまあ穏便に、韓国も大事な隣人ですから、多少のことは丸く収めましょうと言ってきた人たちが、もうこれ以上は韓国の話は聞かない、許せないと一気にコロッと変わって、おまえ春先は韓国を刺激しないように、レーダー照射事件があってもいずれ信頼関係を築き直して頑張るからと言ってたじゃねーかという現場の人たちこそ激ギレしている。もう二度と韓国軍は信用しない。韓国政府の話は一切聞かない。

 現場がブチ切れたり困惑したりもあるんですが、今回はエリートのおっさんがブチ切れてるんですよね。政府公認フルパワー名誉ネット右翼として評判であった外務省経済局長の山上信吾さんが一人率先してブチ切れてホワイトリスト国除外だと騒いで、んじゃとりあえずやってみようかというモードだったころはまだ良かったんですけれども、いまや山上さんがどうであるかを抜きにしてもほぼ関係者全員が韓国ブチ切れ、またぶん投げているのを見て、もうこれは駄目かも分からんねと思うんですよ。

 そういうモードになってしまいました。こうなったら、日本は止まらないのです。

 言うまでもなく、日韓関係で情報部門をどうにか整備しよう、アジアの情報網をしっかり手を携えて、各国の司司で協力してやっていこうと仰っていたのは故・佐々淳行さんであり、いわゆる中曽根閥の皆さんです。平和こそ日本の国益、安定こそ日本の国是。何があっても日本人の度量を示せ、穏便にまずは事に当たれ、と。言うべきことは言うけど、紳士たる隣国として韓国と付き合えとは、佐々さんからずっと言われてきたことではありました。

 まあ私は韓国とは関係ないのでどうでもいいんですけれども。

 亡霊というか夢枕というか、それこそ後藤田正晴さんや、丹波實さん、岡崎久彦さんといった重鎮として日本の対外関係や情報をリードした人たちが、物凄く叱責してくるかのような感覚に襲われるぐらい、今回の韓国の話はビビりました。ああ、このことだったのかなと。

 日米関係の基軸は是が非でも守るんだよ、これが壊れたらおしまいだ、日米安保を基本変数にして台湾海峡、マラッカ海峡を押さえていかないと、日本は資源を輸入できなくなる、平和でなくなれば日本は真っ逆さまに衰退をしていく、だから台湾や韓国は嫌でも大事にするしかないんだと仰っておったんですよね。

 時は下って、明確に重鎮が中国との対立と、アメリカのアジアからの撤収が目前に迫ると、やることは増えます。日本の役割は増大する、でも日本の国威は衰退する、山本やお前らの迎える日本社会・日本政治というものは大変な荒波に繰り出すことになるのだと、佐々さんも岡崎さんも仰っていたんですけれども、まあそういうことですよね。

 んで、まあもう駄目なんじゃないかという話が梅雨明けぐらいから出始めて、もう前が詰まる(38度線)、今後どうするんだという話になって、ようやく「こんなはずじゃなかった」と議論が始まる。

 腹をくくるしかないわけですけれども、いろいろと「もう遅い」話があって、でも現実を見据えてこれからどうにかやっていこう、やらない選択肢はないという話が出てきて、日本核武装だ、憲法改正議論で踏み込んだ体制づくりだ、日本独自の諜報組織の組成だという議論になるんです。いやでも、いままで他国からの情報提供を受けて動くことの多かった日本が、諜報組織作るんですよと言って何年かかると思っているの。

 思い返せば、鈴木宗男さんが防衛情報をロシアに流して別件逮捕されて大騒ぎになったとき、遠巻きに諜報組織がどうであるべきかという議論はあったように思うんですが、もはやそのころの関係者はオーラルヒストリーの中でしか存在しなくなり、議論の蓄積もない状態からのスタートなんですかね。

 今日も今日とて、大騒ぎだったわけです。まあもうしょうがないよなあと。できることを、一個一個やっていくしかないわけですし。ただ、先をどこに見据えるのか、何を目指すのか、頂を示していただかないと、いつものような日本の場当たり的な、ダボハゼ的な、泥縄的な対応の連続で終わってしまいます。

 そもそも、誰が味方で誰が敵なのか判断するところからスタートするんですからね。大変なんじゃないですかね。

 これはもう駄目かも分からんね、と何度口から出たか分かりません。ガチで。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

神から「お前もそろそろnoteぐらい駄文練習用に使え使え使え使え使え」と言われた気がしたので、のろのろと再始動する感じのアカウント

本当に私の記事が「スキ」なのか? 一生覚えておくからな。
134

山本一郎(やまもといちろう)

作家/投資家。当アカウントは概ね個人の意見です。情報法制研究所上席研究員、お座敷置物芸全般。ゲームと読書と野球と調べものと。

マガジン2

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。