乙武洋匡さんの義足を応援したい

 先週永田町でイベントをやっているというので足を向けようとしたのですが、野暮用があって行けずに残念なプロジェクトがありました。

乙武洋匡の義足プロジェクトを応援したい!
一般社団法人xDiversity 
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/549

 「いちど、どんなもんか見てから寄付しよう」とずっと思っていて、まあ私の悪い癖で、ネットで見てすぐ購入とかしないので、具体的に何をするのか見る機会もなかなかなく、じりじりと時間だけが過ぎて締め切り間際になり… ということで、もう2時間切ってしまいました。

 見てないけど、応援しないのもどうかと思い、リターン無しでカネ突っ込んだりしとるわけですけど。

 なんで乙武洋匡さんのプロジェクトにカネ突っ込んだの? という話は遠因あるわけですが、個人的には、この人は都知事になったかもしれない人だと思うんですよ。あるいは、国会議員なのか、何というかもっと上を羽ばたいていくようなスタイルの人生を往くのだろうなと。

 ところが、例によって肉欲騒ぎがあり、彼自身も忸怩たるところがあったわけです。周りの人も失望したかもしれないけど、一番煮えたぎるような屈辱と悲しみで未来を閉ざされたのは乙武さん本人だったと思います。

 他の人はどう思うかは分かりませんが、私自身は不倫・不貞は良くないと思うほうで、乙武さんに対する感情も「期待しつつも情欲に流れる人であるならば、政治を志すのはなかなかむつかしいのではないか」という雰囲気です。また、志半ばで遠回りをする覚悟で開き直っているのか、乙武さんはたまにとんでもないことをしていたり、発言したりします。そういうの、本当にいいのかなあ、と思ったりもするわけですね。つい、野次ったり煽ったりする私もいかんのですが。

 一方で、乙武さんには人生があり、彼にしかできないことがあります。

 そのうちのひとつがこのプロジェクトだろうと思いますし、これによって物理的にも心情的にも救われる人は少なくないんだろうなあと。もちろん、同様の環境にある人は「あれは乙武さんだからできることだ」という部分はあるかもしれません。でも、ここで一人でも「乙武さんのようにやってみよう」と思う人が出るならば、それが一番なんじゃないでしょうか。

 個人的には、こういう義手義足についてほとんど知識は無いのですが、生まれつき四肢のない乙武さんが「義足っすよ」と言われても使いこなすのは大変なんじゃないかと思ったりもします。かなり努力されているのだろうなあと。想像で。

 なもんで、実物を見てもいないけどほんのり寄付してしまいました。

 個人的には、その新しい足で都庁でも赤絨毯でも踏んでみてほしいと思いますし、このnoteにスキとかサポートとかするぐらいなら適当にカネ突っ込んだり、彼の小説買って読むと良いと思います。

 特にオチはないけど別にいいだろnoteなんだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

神から「お前もそろそろnoteぐらい駄文練習用に使え使え使え使え使え」と言われた気がしたので、のろのろと再始動する感じのアカウント

他人の記事に「スキ」と反応する前に、他人から好きと言われる自分になろう
70

コメント1件

いやぁ、多角的視野、脱帽ものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。