見出し画像

【悲報】「はあちゅう主義。」が消滅

 一時的に死んでるだけならいいんですけれども、ステルスマーケティングか何かが割れてしまい、追い出されたとかなんでしょうか。

https://ameblo.jp/haruka-ito/

 なお、はあちゅう公式ブログとしては、「旦那観察日記」は存命が確認されており、はあちゅうさん自身がアカンというわけでもなさそうです。

 先日は、例の『血液クレンジング』の件で揉めていましたが、さっそく桑満おさむせんせがBuzzFeed岩永直子さんや神庭亮介さんと一緒にフルスイングでぶん殴っていて好感を持ちました。

 容赦なくて、こういうの本当に好きなんですよね。はあちゅうさん、愛されているなあと思います。まあ、正面から殴られたらいったんブログ消して対応するのは常道ですよね。分かります。

特に、はあちゅうさんはブログ「はあちゅう主義。」で繰り返し紹介しており、「血液クレンジング」でサイト内検索をかけると、2012年1月から2013年4月の間に計46本の記事がヒットする。
特に、はあちゅうさんはブログ「はあちゅう主義。」で繰り返し紹介しており、「血液クレンジング」でサイト内検索をかけると、2012年1月から2013年4月の間に計46本の記事がヒットする。
特に、はあちゅうさんはブログ「はあちゅう主義。」で繰り返し紹介しており、「血液クレンジング」でサイト内検索をかけると、2012年1月から2013年4月の間に計46本の記事がヒットする。

 さて、まだ話は出ておりませんがこれらのニセ医療と批判される不思議なクリニックについては、一般論として複数のインフルエンサーに対するステマ発注が行われていることは知られており、それらのステルスマーケティングの場所としてAmeba Blogなどの公式サイトが使われたり、InstagramやTwitterなどでの露出が気になるところであります。

 この辺を読んで「お前のことだろう」とか言ってはいけません。

 そのはあちゅうさんですが、ネットでの嫌がらせは社会問題だから、身元を特定して突撃インタビューしろとお話をされています。先日勃発したトイアンナさんの一件では、トイアンナさんのツイートにムカついたはあちゅうさんが弁護士を立てて身元がすでに判明しているトイアンナさんに正面から当たりに行ったら、トイアンナさんの代理人に誹謗中傷対策のスペシャリスト清水陽平せんせが立ってしまい、はあちゅうさん自らが突撃したのに何事もなく玉砕して終わるというしめやかな結末を迎えたことは記憶に新しいところです。

 はあちゅうさんの気持ちも分かるんですよね。

 彼女が言っていた「赤ちゃんが生まれて育児が大変なので、赤ちゃんのいる家庭は父親が夜まで飲み歩くことのないような法律を作ってほしい」という話は共感します。夫婦を法律で決めてほしくない雰囲気で事実婚したはずなのに、ご主人の夜遊びは法律で禁止しろというダブルスタンダードを厭わないぐらい、子育ては夫婦の共同作業の側面がありますし、そう言いたくなる気持ちも凄く良く分かるんです。決して「旦那選びを間違えたのでは」などと腐したいのではなく、子どもを産み、育ててみてはじめてわかることが多いのもまた人生ですから、彼女も着実にいろんな経験をして、良い妻、良い母親を目指していってくれればと心から願います。

 でも、ご自身で「人生全部がコンテンツ」とまで言うからには、面白がられたり、望んでいない反応もまた受け入れるぐらいの度量が無いと大変なんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。無理にSNSに私生活や思考を晒す必要もないのでは、と。

 そういう私も、これから家族で晩御飯です。いずれ子どもたちも巣立っていくし、みんな揃っての夕食も、振り返って「そういう日々もあって、平和だったなあ」と思う日が来ると思うと、穏やかに、大事に日々を生きていこうと思ったりもします。

 まあ、実際には「ゴラァァ!! 飯食ってるときに立ち歩くんじゃねえ!」とか「米粒一個野菜の繊維一本に至るまでありがたいと思って完食しろ!!」などと叫びながら賑やかな山本家の食卓を演出しておるわけですが。

画像1





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

神から「お前もそろそろnoteぐらい駄文練習用に使え使え使え使え使え」と言われた気がしたので、のろのろと再始動する感じのアカウント

人として、そう簡単に「スキ」とか言うべきか考えたことあるか?
314
作家/投資家。当アカウントは概ね個人の意見です。情報法制研究所上席研究員、お座敷置物芸全般。ゲームと読書と野球と調べものと。

この記事が入っているマガジン

コメント1件

地産地消....。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。