「感動させる力」はない

「私、人を感動させたいんです」

 そういうことを口にする人はしばしばいて、どうも僕にはしっくりこない。

 人の心を動かすことってできないんじゃないかと僕は思っている。「動かす」ものではなくて、見て聞いた人が「動かされるもの」だからだ。主語は受け手。

 だから、発信者に心を動かすことはできない。それは下心のあざとさが相手に伝わるから、といった話ではない。

 Aさんがだれかの心を動かしたくて、「大好き」と言う。それに感動するBさんと感動しないCさんがいる。Aさんに感動させる力があったとするならば、Cさんだって感動させることができたはずだ。

 だから、Aさんに「感動させる力」があるのではなく、実はBさんに「感動する力」があるのだと思っている。

 どんな素敵な音楽や文章があったとしても、それに触れないことには感動できない。だから、まずそれを触れにいく行動を起こさなくてはいけない。そして、そのなにかに触れている最中に心にひっかかるものがある時、心が揺さぶられる。ただ、そのひっかかる場所はやっぱり1つじゃなくて、同じように感動している他者とは異なっている。

 だから、感動するというのは受け手の中で起こる落雷のようなもので、外からその天候を操ることはできないと考えている。

 こんなことを書くと夢も希望もないと言われるかもしれない。けれど、むしろ僕は希望に溢れていると思っている。

 なぜなら、「人を感動させる特別な力」があるわけではないのだから、それは一握りの人に許された特権ではない。「感動させる」ことはできなくても「感動してもらう」ことはできる。

 しかも、それは別に「素敵なこと」をしなくてもいいんだ。自分の日常を綴ったり、なんでもない「好き」と言ったりするだけで、感動してくれる人がいる。 
 それは希望に満ちた話だと思う。

 ただ、そのためにはまず書いたり、奏でたり、表現したりする必要はあるだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 励みになります。いただいたお金は本を読もうと思います。

やったー。ありがとうございます!
7

本田

日々の思考と記録

毒にも薬にもならないけれど、身体に染み込むように、思ったこと、考えたことを自分の言葉で書きます。拙くたって、伝わらなくたって、真摯に書く。

コメント2件

私は感動を追求する者の一人です。以前は、人を感動させる仕事をしたい、感動させるものを生み出したいと思っていましたが、感動させようとして感動するものではないんですよね。それからは、自分が感動したものを伝える、という風にシフトしましたが、結果的に、自分の生み出したもので感動してくれる人がいたらいいなと思うようになりました。どれだけ素晴らしくても、感動するかはその人次第ですもんね。こう考えるようになってから、色んな人がちゃんと胡散臭く見れるようになりました(笑)
「感動を追求する」かっこいいフレーズです。
>どれだけ素晴らしくても、感動するかはその人次第ですもんね。
そうなんですよね。こればっかりは無理やりどうこうできるものではないと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。