お気に入り

151
ノート

性を彷徨うわたしは このまま一生セックスが出来ない

すれ違うの。
相性ってある。
誰にだって好かれる人。
何それ底気味悪い。
猫がみんな好きって。
そんなわけないでしょう。
息を吐いたら梅雨の匂いがした。
口が臭いと言われるくらいなら、
煙草臭いと言われたかった。
誰かのせいにしたかったの。
わたし、あなたのことが好き?
窓の桟が喉に突き刺さる。
この枠から出る気がないくせに、
わたしはここから出ようとする真似ばかり。
いつも同じ靴しか履かないから

もっとみる

【小説の書き方 53】

「小説の精神は継続性の精神であり、それぞれの作品は先立つ作品への答えになり、それぞれの作品には先行する作品の経験がそっくり含まれている。しかし私たちの時代精神は今日性[アクチュアリテ]の上に固定されている。」(クンデラ)

YAKATAにて

土曜日の話です

彼氏が急に出勤になりブチ切れながら家を出て行ってしまったので、取り残された私は家の片づけをしたりYoutubeで犬の動画を見たりブルーレット置くだけ(除菌EX)を取り替えたりしましたがあまりに暇すぎました

そうだ

占いに行こう

私はふと思い立ち、おもむろに近所の「占い」に行くことにしました

通い慣れた感じを出してしまいましたが私は今まで占い経験はほとんどありません。幼少の

もっとみる