ハナサカクラブ総会に初参加してきたお話

ハナサカクラブに加入して以来、毎度スケジュールが噛み合わず参加できなかったハナサカクラブ総会に初めて参加してきました。

当日は舞洲でセレッソ大阪U-23のTMを観戦してから梅田のヤンマー本社ビルへ。
Premium Marché OSAKAの一角にてハナサカクラブ総会が開催されました。
会場入口にはアカデミーが獲得したトロフィー類が並べられていました。

総会は冒頭、代表理事の宮本さんのアカデミーの現状のお話から。スタッフ陣の出入りや海外連携、お金のお話などなど。
日本代表を50人以上育成しているセレッソとして得られる支援は最大限利用していくとのこと。
ハナサカクラブからの支援金やJJPからの支援金によって、海外遠征時のアカデミー選手の自己負担を抑えることができていることを力説していたことが印象的でした。

宮本さんからのお話が終わると各カテゴリーごとの報告へ。
U-23からは大熊裕司監督が出席。
J3に二種登録選手を起用することでプレミアリーグに高校1年生を出場させる機会が増えたとのこと。
また他クラブへの移籍により「個人昇格」も果たせていることも紹介されました。

続いて各世代の海外遠征のお話。
長距離移動や気温差、外国人との体格差など日本では経験できないことが選手の成長に繋がっているようです。

そしてガールズとレディースの昇格報告。
ガールズ・レディース共に今年の目標は絶対残留。
レディースの報告では最後にシーズンを振り返るビデオが準備されており、「オチ」も準備されている周到ぶり。
映像のなかで、開幕戦は空席が目立っていたスタンドがシーズン終盤には席を埋め尽くすサポーターの姿が流れる場面もあり、竹花監督からも是非スタンドを埋め尽くして応援してほしいと熱いチケット営業活動。ホーム開幕戦は3/25(日)J-GREEN堺でINAC神戸レオネッサと対戦です。

ハナサカクラブ総会に初参加してみて

総会初参加ということもあり、どんな雰囲気なんだろうと私自身、身構えていたところもありました。実際に参加してみるとスタッフの方々との距離も近く、総会終了後の懇親会では参加者がスタッフの方々に質問している姿も見られ、セレッソのことをもっと知りたい!という方には絶好の機会となるものでした。
セレッソの育成を陰ながら支援できている実感も湧き、私自身ハナサカプレーヤーになって良かったと思えました。
セレッソの育成を支えるハナサカクラブ、皆さんも一緒にハナサカクラブの一員になってみませんか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

kirsch_crz

セレッソ大阪U-23コラム

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。