【無料】モノブロックストロボとキーライトを使った物撮り撮影

こんにちわ、kissatenです。物撮り写真のTIPS的なのをご紹介します。先に申しておきますが、ボク自身は素人ですので、素人な人が淡くってもがいている撮影手法を観れる…という感じのnoteにします。


今回は、こちらの写真の撮り方をご紹介します。よく見かける雰囲気の写真っすよね?これが誰でも撮れちゃう方法です。


大きい画像も用意しました。コレでより、どういったモノか見やすくなったと思います。

ちなみにコチラは、FeiyuTech社が出している一眼レフ用ジンバル「A2000」です。最新ファームで2.7kgのペイロードに対応したジンバルで、ブレずに動画撮影するのに割とオススメです。

✓製品について
https://amzn.to/2N4s6YS

さて、そう言うのは置いといて、この撮影方法をご紹介します。今回はこのnoteを書くために図を作ってみました。正直、この撮影より時間かかってます。図を作るって大変ですね!

モノブロックストロボ、そしてキーライト

ということで、配置はこんな感じです。(コレを作り終わった後、「普通に写真を撮った方が良かったのでは?」と思いました)

黒い背景紙、丸いテーブル、カメラ、と並べて、テーブルの上に被写体を置いてあります。

そして、左ちょっと手前からLEDのキーライトを当てて、俯瞰(真上)からモノブロックストロボを当てました。

モノブロックストロボってのは、「光を当てたい箇所」だけに光を当てるためのストロボです。周りに拡散しないので、「周りは真っ暗、対象だけ明るい!」って撮影が出来るモノです。(何を使ったかはnote後半でご紹介します)


見て分かるとおり、マジでこれだけです。左からキーライトをあてないと、全体が映らないので、左から当てています。

左から「モノブロック強すぎ」「モノブロック調整後」「キーライトを入れてみた」です。

キーライトを入れるだけで雰囲気がバリバリ変わるのわかりますか?


今回は、構造が構造だったのと、レンズをちょっと隠したいな感があったので、左から当てました。

そのあと、光の位置調整など、色々やったわけです。

各種設定について

一応撮影時の設定をメモしておきます。
使用カメラ:Canon EOS 7D
使用レンズ:EF50mm F1.8

SS 4s
F1.8
ISO 100

って感じです。50mmの単焦点ですので、レンズ焦点距離は50mmです(APS-Cなので伸びる)

モノブロックストロボについては、1/128です。
キーライトについてはわかりません!適当です!

撮影後は、Lightroom、Photoshop

撮影が終わったら、いつものように、LightroomとPhotoshopを駆使して色味やゴミ取りなどチャチャチャとやってあげます。

撮影後気づいたのですが、ピントあって無いっすねw

別にお金もらえるわけじゃないのでコレでGOしましたー。


撮影に使われたモノブロックストロボ

今回の撮影にはGodox社のAD200と、それにつかうハニカムです。つまり、ぶっちゃけ「モノブロックストロボ」ではないですが、同等の事が出来ます。モノブロックストロボから考えると安いです。(値段マジで安い)

それプラス、AD200を遠隔撮影できる X1Tというモノを使って離れた場所からストロボを光らせた感じです。

✓製品について
https://amzn.to/2tz1Ldc Godox AD200 これだけ買っとけば良いよセット
https://amzn.to/2tAMybv Godox X1T(カメラメーカーによってそれぞれ異なるので注意)

あとは、背景布とキーライト(LEDライトで済ませた)があれば同等の物が撮れます。


是非お試しあれ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート…なんて良い響きだ。どうですか?「私はサポートをした」を体験しませんか?ポチッとどうぞ…うそです。サポートしてくれたらマジで助かります。ありがとうございます。

まままっまままっまままあああああありがとうっごっざいますううぅうぅぅ
5

写真関連

@kissatenの写真関連をご紹介。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。