無料のハラスメント

一年前に私は挿絵のアルバイトをしていました。
仲介人の方を通して小説を書く方の指示に従って描いていました。
その方がもう一つ物語を書きたいと言い、ダブル連載が始まった頃です。
突然仲介の方からこう言われました。
『1枚無料でやれませんか?』
私は普段気が強い方ではないのですが、この言葉は、私の描いているものすべての価値を破壊するような言葉としか言いようのない、無価値観に溢れた言葉でした。
もちろん、なぜと聞きました。すると、もう一つの連載の小説の挿絵の方が新人で、私くらいならタダでもいいと言ったそう。
ただより良いものはない、と、しがないプロジェクトだったので食いつき厚遇したそうです。
はらわたが煮えくりかえりました。
本来料金が発生するべき場所を自ら否定し、売り込む。それは見方によってはいい案かもしれない。ただ、確実に他人にしわ寄せが来る。
迷惑だ。
スキルを使い感性をとぎすませ描いたものが、タダ。つまり、強く言えば無価値。それを他人に強要するなど言語道断。
プロジェクト内ならなおさらだ。右と左の受け皿のバランスが一気に崩れた。
そして、しわがより、しわがより、そのプロジェクトは破綻した。
その理由は、無料でいいと言った本人が辛くなり逃亡したからだ。
自分で作った無価値感に飲み込まれてしまったのだ。
連載はストップ。小説もなにもかもがストップ。仲介人もいなくなり、小説家も行方をくらませた。
残ったのは私が丹精込めて描いた原画のみ。
遣る瀬無い気持ちになった。
皆さんも気をつけて欲しい。無料という言葉の後先を。
他のクリエイターが受けるであろう『無料ハラスメント』を
なんでもコンテンツが無料のこの世の中、あまりに不安である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

49

あきら

イラストレーター目指して奮闘しております。イラストオーダー受け付けております。【イラストオーダー】マガジンにて詳細を明記させていただいていおります。よろしくお願いいたしますhttp://akilaiwasaki.blog.fc2.com

コメント3件

とても難しい問題。おそらく外国とかではあまりないと思うけど、日本では割と頻繁にあるね。事前契約とか結べればいいけど、それを言った瞬間に「別の人にお願いします」となるのは目に見えているから言えないし……。クリエイターとクライアントの良心にかかっているけど、未来は暗い………。文化的衰退です。
かならずしも「無料すなわち無価値」ではないものの、なにかしらの見返りと交換にサービスを提供するからこそのプロですよね。「1枚無料でやれませんか?」には「いいですよ。それで、あなたはなにを無料でしてくださるんですか?」なんていうのも、たまにはいいかもしれませんけど。
「タダほど高いものはない」とは、よく言ったものだと思います。
ビジネスとボランティアと友情による好意は別物です。
最終的に対価を得る目的の作品の関与に、無料で手塩にかけた作品を提供を要求するとは、あまりにも酷い話で、私も拝読していて悲しくなりました。
大変素晴らしい絵画を描かれるのですから、きっと良い仕事に縁があると思います。
陰ながら応援しています!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。