アメリカの絵本の仕事をするには

イラストレーターがよく契約しているレップという存在。彼らはartist repというものです。主にイラストレーターのためにイラストレーションの仕事を取ってきて、コミッションは25%とか30%です。

もしアメリカで絵本の仕事をしたいときはどうするか。

artist repでも絵本の仕事がやりたいんだけどと申し出れば、当然そちらの方面にプロモーションしてくれますが、絵本の仕事だけ集中したいという場合は、literary repと契約するのがいいと思います。

literary repは基本的に小説家など文章を描く人のためのレップですが、絵本も扱っている人がけっこういて、その場合イラストレーターとも契約します。

僕がアメリカの美大を卒業した頃は、絵本の仕事を中心にやっていたので、literary repと契約してました。

アメリカの絵本にはアドバンスというのがあって、契約した時、ラフを提出した時、完成した絵を渡した時、という感じで三回に分けたりしてお金をもらえます。結局は印税の前払いなのですが、仕事を始める前にある程度お金をもらえるのと、出版した本が売れても売れなくてもアドバンス分はもらえるので、絵本の仕事だけでもそれなりに収入を得ることができます。

金額は、アメリカとそれ以外の国と分けても過言でないくらい、アメリカは良いです。

それで!どうやって良いliterary repを探すか。

今どきはネットでもけっこう探せると思うのですが、相手が信用に足る人間かどうか見極めるには、やはり実際に会う必要があるとのことです。

そのためにはどうするか。

SCBWI (Society of Children's Book Writers and Illustrators)という団体がロサンジェルスとニューヨークで毎年カンファレンスを開いていて、そこで編集者やrepにポートフォリオを見せてプレゼンテーションする場があるそうです。実際にアメリカまで行っちゃって、そこで売り込むのが一番かもしれません。

literary repのコミッションは15%が一般的です。artist repよりだいぶ安いです。

おわり

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

アメリカの絵本の仕事をするには

木内達朗(イラストレーター)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、フォロー、コメントしていただけたらどれもとても嬉しいです。いただいた分は自分の継続エンジンの燃料として使わせていただきます。

You made my day!
95

木内達朗(イラストレーター)

イラストレーター、ペインター。国際基督教大学教養学部生物科卒業。Art Center College of Designイラストレーション科卒業。仕事やイベントの情報、エッセイを綴ります。趣味はバイクで、R1200GSに乗ってます。http://tatsurokiuchi.com

イラストレーター・東京の仕事場から

25年以上フリーランスのイラストレーターとして生きてきた経験から、考えていることや考えてきたたことを綴ります。海外の仕事のことや、ときには仕事以外のことも、画像などを交えながら書いてみようと思います。質問コーナーもできればと考えていますので、よろしくお願いします。
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。