キャスターエンジニアチームをフリーランスで関わる人が語る

みなさんこんにちは。フリーランスとしてキャスターに関わり出して3年くらいが経ったりする松本です。週2くらいでゆるゆるとお仕事を続けていたら、いつのまにか社歴が長くなり、長老扱いされていました。

フリーランスでこんなに長期間関わるのは珍しいと思うのですが、好き勝手やらせてもらっていたり、出勤はそもそもないし、働く時間も自由だし、メンバも増えて色々楽しいフェーズになっていたりして、なんか過ごしやすいなーと思っていたら時間が経っていました。

今日は、キャスターマジで雇用形態関係ねえっていう話を伝えたいなと思って、業務委託で関わる人間がエンジニアチームのブログを書いてみることにしました。

ところで何やってる人?

普段はフリーランスでスタートアップのお手伝いをしていたり、自分の会社をごにょごにょしたり、自分のサービスを作ったり育てたりして遊んでいます。

職種的にはプロダクトマネージャー(PdM)をやらせてもらうことが多いのですが、暇な時や人手が足りない時はコードを書いたり、マーケティングをしたり、カスタマーサクセスをやったりしています。高機能雑用です。

キャスターでは、社内向けシステム(といっても百人単位で使う)のPdMや、Skettbiskettといった外部向けサービスのPdM、手の空き具合によってそれらのエンジニアリング、疲れた時はみんなの雑談相手、、みたいなことをやっています。

何がきっかけで関わり始めたの?

働き始めたきっかけは、今ではニュースのコメンテーターになって遠い人になってしまったキャスターCOO・働き方ファームCEOの石倉さんからのお声がけでした。働き方ファームを立ち上げていくにあたって「人事向けのサービスが作りたいよね!」といった感じで、Skettを一緒に作り始めたのが三年前くらいって感じです。懐かしいですね。

気がづけば働き方ファームはキャスターに買収され、結果的にキャスター関連のお仕事もさせていただくことになって、今に至るといった感じです。

関わり出してからの期間は3年くらいですが、その間に働き方ファーム単体で見ても気づけば100人くらいになっていたり(私が手伝い始めたころは、ほぼ石倉さんだけだった)、キャスター本体だと700人を超える大所帯になっています。

成長期にある企業を横目で見ることができるのは、なかなか良い経験だと思ってむふむふしながら色々眺めています。(事業的な数値も共有してもらってるので、うひょうって感じです)

転換期を迎えるキャスターのエンジニアチーム

さて、ここからやっとキャスターのエンジニアチームの話をします。

紆余曲折あって、キャスターのエンジニアチームには現在CTO的な人がいません。この辺りはスタートアップあるあるな話です。さらにいえば、これまで関わってきたエンジニアさんはほぼ辞めてしまったりして、ほぼ壊滅状態だったのが2018年末くらいの状況でした。(その頃までの私は働き方ファームの仕事が中心だったので、キャスターのエンジニアチームの内部事情はあまりわかっていませんでした)

それゆえに、社内用(といっても数百人単位で利用している)のシステムや提供しているサービスの多くは、外部の人(私みたいなフリーランスや、システム会社的な人たち)によって作られ、保守されているという状況でした。スタートアップとしては、あんまり良くない状況ですね、もちろん。

そこでやってきたのが、えんださんころちゃんめろたんの3名です。つよいエンジニアが3人一気に入ると流石にすすむなーーーってすごく思っています。

そこからは一気に色々加速していっていて、だんだんとチームビルディングのようなものを考えたり、開発部がやっとできたり、徐々にですがチームとして形になりつつあるのが2019年半ばの今といったところです。

The 転換期みたいな状況で、日々色々なことが決定され、実行されていっています。ある程度の規模に達しつつもこのような転換期を迎えるエンジニアチームというのは、なかなかに珍しいなと思ったりしています。

良いなと思うところ

偉い人との距離が近い&話が通じる

現在、キャスターの開発部を管掌しているのが石倉さんだったりします。石倉さんは非エンジニアの元バリバリの営業系かつ現人事系の人ではあるものの、エンジニアやプロダクトについての理解を深めることに積極的なので、色々話が早いです。

エンジニアリングのツールの話だったり、RubyKaigiの話だったり、開発合宿の話だったり、いわゆるエンジニア文化の話に関してはほぼノールックOKが出るような感じです。それなりに付き合いが長いのでわかりますが、エンジニアリング関連の話でNG食らった記憶はありません。(ある種、プロとして任せてもらっているといった感覚も受けています。)

多くのメンバが主体的に会社を良くしようとしている(気がする)

事業に関わる人たちも雰囲気の良い方が多く、ストレスフリーで事業に関わっていける点も良いなと思っています。

例えば、私は社内向けの業務システム(といってもかなり規模は大きい)を作っているのですが、たくさんの人が当たり前のように様々な意見をくれたりするわけです。これ、当たり前のように見えて、ほとんどの会社だとなかなか実現できないことなんですよね。

全員がリモートワークのはずなのですが、オフィスで仕事をしている会社にいた時よりも社内から良いフィードバックが出てくることが多くて、開発者冥利に尽きるような状況です。

社内が非協力で色々進まない、、、みたいなこととは縁遠い状況であることは、非常に良いなと思っています。

正直ここはうーんなところ

チームビルディングはまだまだこれから。

上記のようなお察しの事情があるので、チームとは到底言い難いような状況です。なので、今からやっとチームビルディングをやっていこうかなっていう不思議なフェーズです。

過去の負の遺産

結局、負の歴史によるところが多いのですが、過去の負の遺産との対決がなかなか大変そうです。私もキャスター本体のエンジニアチームと関わり出したのは今年からなので(つまり、私がそうであったように、それまではどのチームもバラバラに開発していた、、、ということです。。)、状況はあまり把握できていないのですが、「あっ、、お察し。。」みたいなことが結構あります。

ま、しょうがないですね、この辺は。

これからのエンジニアリングチームの話

さて、「スタートアップあるある」によって辛いところも多いエンジニアチームですが、転換期を迎え、今からアクセル踏んでいこうというフェーズになっています。

ビジネス的にも非常に伸びていて、それをもっとエンハンスしていくためのシステム投資も積極的に行っていくという状態で、改善大好きな人間にとっては非常に面白いフェーズに入ってきたなと思っています。

また、主力事業であるCasterBizにしろ、急成長中のCasterBiz recruitingにせよ、こんな事業をやっている会社は世界に他にないので、世界でここでしか見ることのできないデータが山のようにあるんですよね。

これらのデータを有効活用して、もっと事業を加速させたり、世の中的にインパクトがあることができるんじゃないかな、、、って妄想が膨らむレベルのやつたちです。

このあたりは石倉さんが書いてますのでこちらも参考に。

ただ、こまったことに、そしてあるあるなんですが、人が足りないな、、、ってやつです。というか、むしろ今まで人が足りないことになぜ気づかなかったんだ、、、といったレベルです。700人いてシステム系1桁人ですからね。。

どんな人が足りないの?

特に足りないなと思っているのが、「考えて、作るものを決める」部分の人たちです。いわゆるPdM的な人です。

リモートワークの社内システムって、世の中にそもそもないんですよね。私がメインで関わっている「リモートワークの人事たち(百人単位)が使う社内システム」なんて、世の中に絶対ないんですよ。

なので、手探りで作っていくしかないんです。だから、参考にできるものが少なくて、考える側がどうやっても追いつかないんですよね。

この仕事の何が楽しいの?

キャスターの事業は「多くのリモートワーカーに活躍してもらう」といったことをベースにおいているため、システム的に効率化していくことですごくレバレッジが効くんですよね。一人の作業を1分効率化すれば、全体で1分 * N人分効率化されるわけです。

もっといえば、システム一つ作れば全体の生産性が10%あがって粗利が10%増える、、、みたいな世界が普通にあったりします。

「リモートワークによる人のスケールメリット × システムによる生産性向上」のコンボって、めっちゃ強いんですよ。

そんな意味で、最近のキャスターのエンジニアチームの仕事は、会社の業績にダイレクトに結果が跳ね返るような攻めのエンジニアリングだなと個人的に思っています。

おわりに

キャスターを褒めまくるような文章になってしまったのですが、何が一番すごいって、事業のコアにあたる部分に、業務委託の私が普通にコアメンバーとして関わり続けていることだと思うんです。(もちろん、業務委託でコアな部分に関わっているのは私だけではない)

当たり前のように業務側のメンバーにヒアリングして、業務側の体験とかもさせてもらって、システムの戦略部分を自分が作っていたり、、、という、通常だと社員の偉い人たちがやるところも、社員・業務委託・アルバイト等々関係なく、ボーダレスに関わっているわけです。

その意味では、世の中でいう「新しい働き方」を積極的にやっているし、そこから生まれた「新しい事業」の中で、「攻めのエンジニアリング」ができる稀有な場所だなと、客観的に見ていて思います。

数年前はおすすめしませんでしたが、今はオススメのチームです。


えいようはだいじ
54

Koyo Matsumoto

会社売って暇になったフリーランスのリモートワーカー。プロダクトをつくるひとをしています。

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

はじめまして!イラストを使っていただきありがとうございます。
私が知らない世界だったのでフォローさせていただきました。これから宜しくお願いします!
コメント遅くなってしまいました!イラストがツボすぎて非常に好みです!!
ありがとうございますー!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。