きよし

デザイナーのきよしです。デザインとパルクールと忍術を通して、暮らしを楽しく出来ないか?考えたことを発信していきます。/桑沢デザイン研究所PD卒業/パルクール講師/忍術研究/デザインなどのお話、ご意見、ご感想は→ ✉️design.kiyoshi@gmail.com
固定されたノート

LAST HEISEI PARKOUR(平成最後のパルクールまとめ動画です!)

平成最後のパルクールまとめの動画上げました!😄
去年1年間のパルクールの記録です。埼玉、名古屋、神奈川と色んなところでパルクールをしてきました。移動動作、フローをまとめてます。

膝の抜きを使ったヴォルトの効率的な踏み込み

多くのパルクールの技に必要とされる「踏み込み」の武術的な考え方による効率化について書きます。この踏み込み法は以下の技に使えます。

<この踏み込みが使える技>
・モンキーヴォルト
・ランプレ(助走をつけたプレシジョン)
・サイドフリップ

これ以外にいくつかのヴォルト技にも使えますので、試してみてください!

膝の抜きを使った踏み込み

<踏み込みの流れ>
0、助走
1、一歩目で両腕を軽く前に振り

もっとみる

梅雨を乗り越える天気を読む忍術

天気と忍者

忍者には天気を読む技術が必要とされています。忍術にかかわらず軍事行動でも天気はとても大切で、天気予報は軍事技術の発展に伴い進歩したものです。

天気を活用した忍術の例を上げると、雨の降っている日に忍び込みを行なったり、風の強くなるタイミングで敵の城に火をつけたりしました。

忍者はどのように天気を読んでいたかというと、空の色や雲の流れ、動物の動きを見て予想を立てていました。

忍術や

もっとみる

姿を隠して行動するための忍びの技「隠行術」について【古典忍術・現代忍術】

序文:姿を隠す忍者

忍者は敵の城に忍び込んだり、敵から逃げるために隠れることがあります。この隠れる技を隠行術(オンギョウジュツ)と言います。隠行術には、忍び込みを行う隠忍が使うものから、姿を表して情報収集を行う陽忍が使うものまで様々なバリエーションがあります。

昔の忍者が使った古典的な忍術から離れて見れば、スネークが段ボールをかぶって隠れたり、攻殻機動隊が熱光学迷彩で姿を消すのも隠行術といえま

もっとみる

ムーミン谷の物語、トーベ・ヤンソンの魅力に惹きこまれて「ムーミン展」

ムーミン展 THE ART THE STORY
(東京 森アーツセンターギャラリー)

<展示内容>
・挿絵(ムーミンシリーズ)
・スケッチ(ムーミンシリーズ)
・スケッチ(風刺画)
・ムーミン関連物(広告・カレンダー・カード・壁紙・フィギュアなど)
など

展示数が多く、そのほとんどがムーミンの物語の挿絵やスケッチ、表紙絵です。ムーミンを使用した広告やグッズの展示もされています。その他、トーベの

もっとみる

ユーモアの伝染病にかかって「ユーモアてん。」

ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR
(21_21 DESIGN SIGHT)

ユーモアてん。の展示会場には、とにかくよくわからない代物がいっぱい置いてあり、混沌とした展示でした。しかし、一貫としていたことは、どの展示品も大なり小なり面白みがあり「ユーモア」を感じることができるものでした。

展示品にはどれもこれも不思議な魅力がありました。基本的に使える(用途がある)ものは存在せず、デザ

もっとみる